結果

第38回 関西テレビ放送賞ローズS(G2)

中京競馬場 芝2000m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
リアアメリア 1.59.9 2-2-2-2(先行) 34.4
ムジカ 2.00.2 2 11-11-10-11(中団後) 34.0
オーマイダーリン 2.00.4 1  1/4 16-13-10-7(後方) 34.5

レース上り:34.5

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.9 34.5 12.6 10.8 12.3 12.7 12.5 12.4 12.1 11.6 11.3 11.6
過去平均 1.59.80 35.1 12.6 11.1 12.5 12.3 12.1 12.1 12.0 11.8 11.4 11.9
-0.6 0.0 -0.3 -0.2 0.4 0.4 0.3 0.1 -0.2 -0.1 -0.3

(※今年の「ローズS」は中京競馬場の芝2000mでの開催なので、参考にする過去平均は、中京競馬場芝2000mで行われる重賞の過去走17鞍の良馬場平均とした)

序盤はやや速いラップを刻むが、中盤はかなり緩めのラップに変わる。

中だるみのスローペース。

4角での馬群も比較的凝縮しており、「スローのヨーイドン」的なレース展開となった。

瞬発力が求められたレースだが、ペースも緩いので、あまり後ろからだと勝ち負けには加われなかった様子。

回顧

1着は3番人気のリアアメリア。

道中は2番手追走。

4角では早くも先頭に並びかけ、直線入り口では先頭、あとは楽な手応えで後続を突き放して余裕のゴール。

「復活」と言うより、これくらいの距離がちょうど良い感じ。

リアアメリアの分析

 

2着は14番人気のムジカ。

道中は中団のやや後ろ。

直線は馬群の真ん中の開いたスペースから鋭く伸びた。

前々走で未勝利戦を勝っただけの1勝馬だが、7戦連続で3着以内に入る堅実ぶりを見せていた。

レースのレベル、メンバーのレベルがあまり高くなかったので、堅実な馬が、相手也に堅実に走った結果だろう。

 

3着は13番人気のオーマイダーリン。

この馬も終いは確実な馬だけに、これまでも着順は安定していた。

距離に若干の不安があったが、距離さえこなせば、スローのヨーイドンなら大歓迎。

オーマイダーリンの分析

 

1番人気のフアナは11着。

位置取りがいつもよりは後ろになったが、終いの脚も出していない。

ちょっと不可解な敗戦。

フアナの分析

 

2番人気のクラヴァシュドールは5着。

道中は中団の前あたり。

しかし直線では坂で脚が止まってしまった。

馬体重は+18キロ。

これが応えたのか?

距離も2000mまでなら持つと思ったが、長いのかもしれない。

クラヴァシュドールの分析