結果

第68回 神戸新聞杯(G2)18頭

中京競馬場 芝2200m 良(クッション値:9.6(標準))

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
コントレイル 2.12.5 8-7-8-6(中団) 35.6
ヴェルトライゼンデ 2.12.8 2 14-14-15-16(後方) 35.4
ロバートソンキー 2.12.8 クビ 12-12-13-10(後方) 35.7

レース上り:36.2

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.12.5 36.2 12.6 10.9 11.5 12.4 12.5 12.3 12.1 12.0 12.2 11.8 12.2
過去平均 2.13.03 35.3 12.6 11.5 11.9 13.0 12.7 12.2 12.2 11.7 11.4 11.6 12.3
0.9 0.0 -0.6 -0.4 -0.6 -0.2 0.1 -0.1 0.3 0.8 0.2 -0.1

 

今回は中京開催の「神戸新聞杯」ということで、過去平均というものが存在しないので、参考値として、中京芝2200mの古馬3勝クラスのレース3鞍の良馬場平均を記載した。

ざっくりと比較しても、序盤、中盤とレースはそこそこ流れている。

そのためか、後半になるにつれてラップもかかり気味になり、上りの3Fは36.2秒を要している。

スローになりやすいトライアルレースとしては、そこそこ流れた展開で、後方で脚を溜めいた2頭が2着、3着に入った。

スピードの持続力が求められたレースとなったが、コントレイルの強さだけが際立った。

回顧

1着は1番人気のコントレイル。

道中は中団。

4角を回って、ちょっと馬込みの中にいたので大丈夫かな?と思った矢先、進路が開くとスッと抜け出突き放し、ゴール前は持ったまま。

ちょっとレベルが違い過ぎる。

コントレイルの分析

 

2着は3番人気のヴェルトライゼンデ。

道中は後方で脚を溜め、直線で馬場の外目を伸びて来た。

前走は前目、今回は後ろから。

まるで展開を読んでいるかの池添騎手の好騎乗。

今回もきっちり嵌った。

ヴェルトライゼンデの分析

 

3着は14番人気のロバートソンキー。

この馬は後方のインで脚を溜めた。

直線は馬場の内目をスルスルと伸びて3着確保。

位置取りと展開ががっちり嵌った感じ。

 

2番人気のグランデマーレは17着。

道中は積極策で2番手を追走したが、直線では坂下で早々に脱落。

10か月ぶりの競馬としては展開がちょっときつかったか。

グランデマーレの分析

 

4番人気のディープボンドは4着。

この馬は前々で自分の競馬に徹したが、ロバートソンキーに交わされたのはいただけない。

こういう展開でこそ、勝ち負けしないといけない馬だけに、この4着はちょっと残念。

ディープボンドの分析