結果

第66回 産経賞オールカマー 9頭立て

中山競馬場 芝2200m 稍重(クッション値:9.6(標準))

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
センテリュオ 2.15.5 7-7-7-7(後方) 34.5
カレンブーケドール 2.15.5 ハナ 3-3-2-2(先団) 35.1
ステイフーリッシュ 2.15.7 1  1/4 2-2-3-3(先団) 35.2

レース上り:35.2

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.15.5 35.2 13.0 12.0 13.2 12.8 13.3 12.5 11.6 11.9 11.5 11.5 12.2
過去平均 2.12.00 35.2 12.6 11.1 12.5 12.3 12.4 12.1 12.1 11.8 11.7 11.5 12.0
0.0 0.4 0.9 0.7 0.5 0.9 0.4 -0.5 0.1 -0.2 0.0 0.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

馬場は前日から引き続き稍重。

中京は良でクッション値9.6。中山は稍重でもクッション値9.7。

このクッション値をどう見るかがまだ良く分からないが、今週からCコースになった中山競馬場だが、馬場は引き続き力の要る馬場だった様子。

しかし、それにしても今年のオールカマーはペースは緩かった。

小頭数と言うこともあり、スローのヨーイドンに近い末脚比べになった模様。

回顧

1着は5番人気のセンテリュオ。

道中は後方で脚を溜め、直線は馬場の外目を一気に伸びた。

前走も稍重馬場で上り最速を計時しており、末脚比べならこの馬が他馬を上回った。

センテリュオの分析 

 

2着は2番人気のカレンブーケドール。

道中は先団で追走するも、あまりの緩さに向正面で少し引っかかってしまったことが、最後の最後、終いの脚に影響した感じ。

どうせなら、前半あれだけのスローなんだから、あそこで行かせてハナを奪って突き進んでも、この馬のスタミナならなんとかなったような気もするが、それは結果論。

いずれにしてもまた2着。

すべて馬のせいだろうか?

カレンブーケドールの分析

 

3着は3番人気のステイフーリッシュ。

道中前目につけて押し切るこの馬の競馬は出来た。

ただこの馬の場合、末脚勝負では分が悪い。

ステイフーリッシュの分析

 

1番人気のミッキースワローは5着。

どちらかと言えば叩き良化型だけに、休み明けもこたえたかもしれないが、こういう決め手勝負の展開は、この馬もあまり得意ではない。

ミッキースワローの分析