結果

第54回 スプリンターズS(G1)16頭立て

中山競馬場 芝1200m(外)

馬場状態:良

クッション値:10.4(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
グランアレグリア 1.08.3 15-15(後方) 33.6
ダノンスマッシュ 1.08.6 2 4-4(先行) 35.0
アウィルアウェイ 1.08.7 1/2 16-16(後方) 33.7

レース上り:35.5

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今走 1.08.3 35.5 11.9 10.1 10.8 11.5 11.9 12.1
過去平均 1.07.39 34.1 11.9 10.4 11.0 11.1 11.3 11.7
1.4 0.0 -0.3 -0.2 0.4 0.6 0.4

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

今回は過去平均ともう一つ、昨年のタワーオブロンドンが勝った第53回の「スプリンターズS」との比較も載せておく。

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今年 1.08.3 35.5 11.9 10.1 10.8 11.5 11.9 12.1
昨年 1.07.1 34.3 11.9 10.1 10.8 11.3 11.2 11.8
1.2 0.0 0.0 0.0 0.2 0.7 0.3

 

なぜ去年との比較を載せたかと言うと、逃げた馬が同じ「モズスーパーフレア」ということと、その逃げたラップが、今年と昨年とでは、前半3Fのラップの出方がまったく同じだったから。

そして、前半は同じでも、後半は1.2秒も時計がかかっている。

確かに、2番手追走のビアンフェに道中ずっとプレッシャーをかけられ続けたことも、後半の失速を招いた要因になったことは確かだが、それ以上に、今年の中山競馬場の馬場状態は、例年に比べてかなり悪かったことは確かだろう。

10番人気で、道中は最後方からの追走になったアウィルアウェイが3着に食い込んで来ていることからも、今年の「スプリンターズS」は、圧倒的に後方有利、直線は外差し有利の展開だったということ。

ちなみに、昨年の「スプリンターズS」では、最後方追走のハッピーアワーが、終い33.1秒の脚で7着に入っている。

今回、勝ったグランアレグリアの終いの脚は33.6秒。

確かに終いの脚は凄かったが、「次元が違う」とか「一強」とか言うのは少し違うような気がする。

回顧

勝ったのは1番人気のグランアレグリア。

勝因はさっき書いたので、ここではあまり触れないが、道中の追走速度は今春の「高松宮記念」よりもまだ遅い。

この馬、今後まだスプリント戦には出走してくるとは思うが、今後、良馬場のガチのスピード勝負になった場合は、まだまだ「絶対的存在」と言うわけにはいかないだろう。

グランアレグリアの分析

 

2着は3番人気のダノンスマッシュ。

スタートで遅れるが、3番ゲートだったということもあり、二の脚でしっかり先団に取り付いた。

道中4番手から直線に向き、馬場の中ほどを追い上げてくるが、ゴール前グランアレグリアに交わされて2着。

この馬は、もともと良馬場、軽い馬場で力を発揮するタイプ。

いつもの馬場状態なら、終いの脚ももう少し伸びたはず。

勝負に「たら、れば」は禁物だが、敢えて言うなら、例年の馬場ならこの馬が勝っていた可能性が高い。

今回もG1初戴冠はお預け。

何とも不運。

ダノンスマッシュの分析

 

3着は10番人気のアウィルアウェイ。

道中は最後方追走。

直線では馬場の外目から追い込んでの3着。

展開が向いた。

直線急坂は苦手だと思っていたが、それは大丈夫だったようだ。

アウィルアウェイの分析

 

2番人気のモズスーパーフレアは10着。

敗因は「ラップ分析」で書いた通り。

モズスーパーフレアの分析