結果

第55回 京都大賞典(G2)17頭立て

京都競馬場 芝2400m(外)

馬場状態:稍重 クッション値=9.4(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
グローリーヴェイズ 2.25.6 5-5-5-5(先行) 34.5
キセキ 2.25.7 3/4 17-17-11-7(マクリ) 34.3
キングオブコージ 2.25.9 1 11-9-11-12(中団) 34.4

レース上り:35.0

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.25.6 35.0 12.8 10.9 11.8 12.3 12.6 12.5 12.7 12.8 12.2 11.6 11.6 11.8
過去平均 2.23.96 34.5 12.8 11.3 11.6 12.5 12.5 12.2 12.4 12.5 11.8 11.5 11.3 11.7
0.5 0.0 -0.4 0.2 -0.2 0.1 0.3 0.3 0.3 0.4 0.1 0.3 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去9走))

前日の雨で馬場は稍重ではあったが、「京都大賞典」スタート時には、かなり回復していたようす。

開催二日目ということもあり、馬場自体はそれほどダメージは受けておらず、クッション値も「標準」だったことから、「良」に近い「稍重」といった感じ。

ラップの出方は、前半は過去平均とほぼ同等の水準。しかし馬場は若干重かったことから、この同等水準のラップの出方は、平均よりも速めのラップを刻んでいたと推察され、その分後半は時計がかかったということだろう。

全体としては、スピードの持続力とスタミナを要したレースになったのではないか。

回顧

1着は3番人気のグローリーヴェイズ。

スピードの持続力とスタミナ勝負なら、出走メンバーの中でもこの馬が上位。

前走の大敗もあり、緩い馬場に不安はあったが、この程度の稍重なら問題なかったようす。

グローリーヴェイズの分析

 

2着は1番人気のキセキ。

序盤は後方、向正面からマクッて行って4角は7番手の外。

直線は馬場の外目からグローリーヴェイズを追い詰めるが3/4馬身届かず。

勝ち馬との斤量差1キロを考えてもここは完敗。

持続力とスタミナなら、この馬も負けてはいないが、全盛期と違って、今はかなり乗り難しい。

前走と同じような「マクリ」の戦法でまたしても2着。

前からの競馬の方が持ち味は出るとは思うが、気性を考えればこれが精一杯か。

キセキの分析

 

3着は2番人気のキングオブコージ。

外枠17番から道中は中団の後ろ。

直線は馬群の大外から追い上げて来るが、1馬身届かずの3着。

連勝は4で止まったが、階段を一つずつ上がっている感じで頼もしい走り。

どちらかと言えば叩き良化型。

次走と言うか、これから先に期待が膨らむ。

キングオブコージの分析