結果

第71回 毎日王冠(G2)11頭立て

東京競馬場 芝1800m

馬場状態:稍重 クッション値=7.8(やや軟らかめ)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サリオス 1.45.5 4-4-4(中位前) 34.1
ダイワキャグニー 1.46.0 3 3-3-3(先行) 34.9
サンレイポケット 1.46.0 ハナ 5-5-5(中位) 34.4

レースの上り:35.4

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.45.5 35.4 12.5 10.7 11.3 11.7 11.8 12.1 11.8 11.9 11.7
過去平均 1.45.46 34.0 12.9 11.1 11.5 12.0 12.0 11.9 11.1 11.2 11.7
1.4 -0.4 -0.4 -0.2 -0.3 -0.2 0.2 0.7 0.7 0.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

東京競馬場は雨の影響で馬場状態は「重」で始まり、天候の回復とともに昼過ぎには「稍重」に変更された。

レースはトーラスジェミニとコントラチェック2頭の逃げ馬の競り合いで、序盤からペースは上ったが、3番手以降とは5~6馬身の差があったため、ダイワキャグニー以下の馬は、それほど速いラップは刻んでいなかったもよう。

それでも緩めの馬場でこのペースは、全体的に「速い」と言っても良い展開。

レースとしてはスピードの持続力とスタミナ、そして、そこそこの道悪適正が求められたレース。

回顧

1着は1番人気のサリオス。

道中は中位の前目。

直線では、前にダイワキャグニーを置いて、いつでも交わせる楽な手応え。

ダイワキャグニーの内田騎手が「まだ来ないのか?」とばかり後ろを振り向いて追いはじめるやいなや、残り200mで並ぶ間もなくダイワキャグニーを抜き去って、ムチを一発入れて気合を入れると、さらにグンと伸びて突き放す。

最後はルメール騎手が後続を確認する余裕の仕草でゴール。

まさに段違いの強さで古馬を一蹴。

サリオスの分析

 

2着は4番人気のダイワキャグニー。

手術明けもなんのその。

得意の東京1800mではやはり走る。

今日は相手が強すぎた。

ダイワキャグニーの分析

 

3着は5番人気のサンレイポケット。

道中はサリオスの後ろ、5番手追走。

直線は必死になってサリオスに食らいつくが、その差は開く一方。

しかしゴール前はダイワキャグニーにハナ差まで迫った。

これで「出走取消」を挟んで、9戦連続で馬券圏内という堅実さ。

この馬の場合、距離はもう少しあった方が良いのでは?

サンレイポケットの分析

 

2番人気のサトノインプレッサは10着。

スタートでアオって大きく出遅れた。

基本的に前々の決着となったので、この出遅れがすべてだろう。

サトノインプレッサの分析

 

3番人気ザダルは5着。

道中は3着のサンレイポケットと同じような位置取り。

直線に入っても、残り100mくらいまでは集団に食らいついていたが、残り100mでカデナ、そしてサンレイポケットに交わされて5着。

重馬場の「セントライト記念」では3着に入っているが、最後の微妙な失速はどうしたことか?

ザダルの分析