結果

第45回 エリザベス女王杯(G1)

阪神競馬場 芝2200m(内)

馬場状態:良

クッション値:9.8(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ラッキーライラック 2.10.3 12-12-11-3(中団) 33.9
サラキア 2.10.4 クビ 14-14-15-12(後方) 33.7
ラヴズオンリーユー 2.10.4 クビ 11-11-13-8(中団) 34.8

レース上り:34.8

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.10.3 34.8 12.6 11.1 11.2 12.3 12.1 12.0 12.2 12.0 11.9 11.1 11.8
過去平均 2.12.22 35.7 12.5 11.2 11.4 12.6 12.4 12.2 12.2 12.0 11.7 11.8 12.3
-0.9 0.1 -0.1 -0.2 -0.3 -0.3 -0.2 0.0 0.0 0.2 -0.7 -0.5

(※過去平均=「宝塚記念」の良馬場平均(過去6走))

今年は阪神開催の「エリザベス女王杯」なので、比較対象は過去の「宝塚記念(G1)」の良馬場平均としているが、梅雨時の阪神2200mと、秋口の阪神2200mでは、そもそも芝の状態が違う。

ましてや今開催の阪神競馬場は雨も少なく、芝の状態は良好で、先週の2歳重賞「ファンタジーS」、そして昨日の2歳重賞「デイリー杯2歳S」ではどちらもレコードタイムが出るほど。

重い芝という印象が強い阪神内回りの2200mが、今回は比較的軽い阪神内回り2200mへと変貌を遂げていた。

レースはノームコアがそこそこのラップを刻んで逃げた。

前半1000mは59.3秒。

馬場状態を考えると、平均チョイ速の逃げと言ったところか。

後ろで脚を溜めたい馬には十分に脚が溜まるペース。

レースの上りは34.8秒で、上位の3頭はいずれも上り時計がメンバー1~3位の馬で占められた。

全体としては、そこそこのスピード持続力と瞬発力が求められたレースとなった。

回顧

1着は1番人気のラッキーライラック。

道中は中団のやや後ろ、前を走るラヴズオンリーユーをしっかりとマークした走りだったが、先に動いたのはラッキーライラック。

3角あたりで馬群の外目からジワジワと進出を開始すると、4角では3番手の外。

直線入口ではすでに先頭は射程圏。

坂下では早くも先頭に立ち、あとはしっかりと押し切ってサラキアの追撃を抑え込んだ。

2200mはギリギリだと思っていたが、大外枠から勝負どころは外目を回って脚を伸ばすあたり、ギリギリどころか距離適性は十分にあった。

春の阪神2200mならまた違っていたかもしれないが、今回の軽い阪神2200mでは、力を十分に出し切ることができたのだろう。

ラッキーライラックの分析

 

2着は5番人気のサラキア。

道中は後方で脚を溜めて、4角は大外を回して、直線も馬場の外目から強烈な末脚を炸裂させたが、惜しくもクビ差届かずの2着。

この馬も軽い芝で良いタイプ。

昨年の6着も内容は良かっただけに、近走充実のここではしっかりと力を出しきれた。

サラキアの分析

 

3着は3番人気のラヴズオンリーユー。

道中はルメール騎手にマークされ、勝負どころでは先に動かれてしまった。

阪神内回りコースは、こういう駆け引きがかなり大きなウェイトを占めるコースだと思う。

力があるところは示したが、あと一歩及ばず。

ラヴズオンリーユーの分析

 

2番人気のノームコアは16着。

そこそこ締まったペースで逃げたが、直線では坂下で力尽きた。

ここまで負けるほどのハイラップは刻んでいないと思うが・・・。

戦法が戦法だけに、距離がどうだったのかと言うことはまだ藪の中。

ノームコアの分析