結果

第37回 マイルチャンピオンシップ(G1)

阪神競馬場 芝1600m(外)

馬場状態:良

クッション値:9.8(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
グランアレグリア 1.32.0 5-5(中団前) 33.2
インディチャンプ 1.32.1 3/4 7-5(中団前) 33.2
アドマイヤマーズ 1.32.2 クビ 3-2(先行) 33.6

レースの上り:33.5

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.32.0 33.5 12.5 11.0 11.4 12.0 11.6 11.0 10.8 11.7
過去平均 1.32.98 34.2 12.6 11.3 11.4 11.8 11.7 11.2 11.1 12.0
-0.7 -0.1 -0.3 0.0 0.2 -0.1 -0.2 -0.3 -0.3

過去、阪神外回りの1600mで行われたG1競争は1鞍もないので、ラップ分析をするにしても、比較する対称がない。

そこで今回は、2007~2011年に阪神外回りの1600mで行われていた重賞「読売マイラーズカップ(G2)」の平均値(いずれも良馬場)を参考資料として用いた。

 

ラップの出方としては、序盤は平均より少し速く、中盤は同じ、そして上りの3Fはかなり速い展開。

G1とG2のレベルの違いを考慮して、全体的に見た場合、道中のペースは比較的緩やかで、そしてその分上りが速くなる、いわゆる「瞬発力勝負」の展開だったと思われる。

上位を占めた馬も、4着までが道中で中団より前にいた組。

道中で中団よりも後ろにいた馬にはノーチャンスの展開だったことが窺える。

総じて今年の「マイルCS」は、道中の位置取りと瞬発力がカギとなったレースになった。

回顧

1着は1番人気のグランアレグリア。

道中は中団の前。

4角を回って内に閉じ込められるかたちになったが、進路ができて外に出したのが坂下の残り200mあたり。

しかしそこからは一瞬で前のインディチャンプを捉え、インディチャンプにおよそ1馬身の差をつけてゴール板を駆け抜けた。

インディチャンプとしては完璧な競馬。

そしてそのスピードに乗ったインディチャンプを残り200mを過ぎてから追い出して、並ぶ間もなく差し切るのだがら、「強い」としか言いようがない。

瞬発力勝負ではこの馬が有利とは分かったはいたが、ここまで強いとは驚き。

瞬発力勝負なら、あと10回走っても、あと10回勝つほどの強さ。

グランアレグリアの分析

 

2着は3番人気のインディチャンプ。

道中はグランアレグリアを後ろからぴったりとマーク。

4角を回って、そのグランアレグリアの進路にフタをするかたちで伸びてきて、絶妙のタイミングで抜け出したのだが、この競馬で負けたら仕方がない。

ローテの不安はまったくなかった様子。

インディチャンプの分析

 

3着は5番人気のアドマイヤマーズ。

道中は先団3番手。

4角は2番手で直線に入って抜け出しを計るが、瞬発力勝負ではどうしても後手を踏む。

アドマイヤマーズの分析

 

2番人気のサリオスは5着。

道中は後方の13番手。

外枠が応えたが、この位置からではどうにもならない。

しかし上りはメンバー最速の脚でしっかりと追い込んで来た。

決して力負けではない。

サリオスの分析

 

4番人気のレシステンシアは8着。

もう少しペースを上げて逃げて欲しかったが、半年ぶりの競馬なら、仕方がない面もある。

この馬も力を出し切って負けたわけではないと思うので、古馬になってからの巻き返しに期待したい。

レシステンシアの分析