結果

第56回 福島記念(G3)16頭立て

福島 芝2000m

馬場状態:良

クッション値:7.9(やや軟らかめ)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
バイオスパーク 1.59.6 7-7-7-7(中団) 35.2
ヴァンケドミンゴ 1.59.6 クビ 7-7-7-7(中団) 35.2
テリトーリアル 1.59.8 1 2-2-2-2(先行) 36.6

レース上り:36.5

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.6 36.5 12.6 11.3 11.8 11.9 12.0 11.8 11.7 12.0 12.1 12.4
過去平均 1.59.03 35.6 12.2 11.2 11.5 12.2 12.2 12.1 12.0 11.8 11.5 12.3
0.9 0.4 0.1 0.3 -0.3 -0.2 -0.3 -0.3 0.2 0.6 0.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

コースは先週までのAコースからBコースに変わった。

とは言え、芝の状態は全体的にそこそこ傷んでいることに変わりはない。

レースは、序盤が少し緩んで、中盤からはそこそこ速いラップを刻んだとは言え、上がりの36.5秒はちょっとかかり過ぎているような感じはある。

しかし、芝のクッション値が7.9、これは「やや軟らかめ」という水準。

前日土曜日が8.5の「標準」だったことを考えれば、馬場自体が、時計のかかりやすい馬場だったと言うことになる。

レースとしては、そこそこのペースを追走するスタミナと、緩い馬場を走り切るパワーが要求されたのではないか。

回顧

1着は2番人気のバイオスパーク。

道中は中団でじっくり脚を溜めて、4角は最内の7番手から、直線は内ラチ沿いから伸びて来て、ゴール前、内で粘るテリトーリアルを差し切った。

しかし、勝負どころのポジショニングは鞍上の手腕。

全場重賞制覇も頷ける好騎乗。

バイオスパークの分析

 

2着は1番人気のヴァンケドミンゴ。

道中は勝ったバイオスパークと同じような位置取りでヴァンケドミンゴの方が外。

勝負どころでは外を回して追い込んで来たが、その距離ロスが勝ち馬との着だろう。

これで福島は(4-1-1-0)、やはり福島は走る。

ヴァンケドミンゴの分析

 

3着は5番人気のテリトーリアル。

道中は2番手追走。

逃げるトーラスジェミニが中盤でペースアップしたときも、離されずにしっかりと2番手をキープ。

4角を回って直線入口では早くも先頭にたって押し切りを計るが、ゴール前は2頭に交わされて0.2差の3着。

1、2着馬とはハンデが1.5キロあったことを考えれば上出来の内容。

テリトーリアルの分析

 

3番人気のマイネルサーパスは9着。

展開的にはこの馬にも向いた感じだが、斤量が56キロを超えると結果が出ていないと言うデータはあった。

マイネルサーパスの分析