結果

第64回 大阪杯(G1)

阪神競馬場 芝2000m(内回り) 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ラッキーライラック 1.58.4 3-3-3-5(先行) 33.9
クロノジェネシス 1.58.4 クビ 3-3-3-3(先行) 34.0
ダノンキングリー 1.58.5 クビ 1-1-1-1(逃げ) 34.3

レース上り:34.2

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.58.4 34.2 12.9 11.7 12.3 11.9 11.6 12.1 11.7 11.3 11.2 11.7
過去平均 1.59.2 34.8 12.6 11.2 12.5 12.2 12.1 12.1 11.7 11.4 11.5 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

スローと言って良い展開だが、ラップ4とラップ5だけが少し速くなっている。

これは逃げるダノンキングリーにジナンボーが競りかけて2頭だけペースが上がった場面。

3番手以降はそれには参加していないので、おそらく3番手以降は余裕を持ったペースで道中追走していたのだろうと思われる。

阪神の芝は今週からBコースに変更されていて、基本的には前有利の状態。

途中のペースアップにはつき合わず、道中3番手あたりで追走したラッキーライラックとクロノジェネシスが、前有利の馬場状態で、1、2着に入ったレース。

確かな先行力と瞬発力が求められたレース。

回顧

1着は2番人気のラッキーライラック

道中は余裕を持って追走し、4角は内に潜って距離を稼いだことが、クビ差クロノジェネシスを上回った。

 

2着は4番人気のクロノジェネシス

道中は終始ラッキーライラックと並走したが、こちらは外。

4角もラッキーライラックよりは多少外を回って直線へ入った。

大外12番と言う枠順が不運だったと言うしかない。

 

3着は1番人気のダノンキングリー

スピード持続力やスタミナはある馬なので、逃げたこと自体は問題なかったが、ジナンボーに突っ突かれてペースが上がってしまったことが誤算だったのではないか。

結果的にクビ-クビ差だけに、もう少しだけペースが落ち着いていれば、ゴール前も際どかっただろう。

 

3番人気のブラストワンピースは7着。

馬場が馬場だけに、後方からではきつかった。

勝負どころでは早めに仕掛けて行ってはいるが、この速い上りではどうしようもなかった。