結果

第52回ダービー卿チャレンジT(G3)

中山競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
クルーガー 1.32.8 4-6-5(中団前) 35.2
ボンセルヴィーソ 1.33.1 2 4-8-5(中団前) 35.4
レイエンダ 1.33.1 ハナ 10-9-9(中団) 35.2

レース上り:35.7

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.32.8 35.7 12.2 11.1 11.0 11.1 11.7 11.6 12.0 12.1
過去平均 1.32.5 34.8 12.3 11.1 11.5 11.4 11.4 11.5 11.7 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

序盤は大して速くはないが、マイスタイルが競りかけて行ったラップ3、ラップ4あたりがちょっと速いラップになった。

このマイスタイルの競りかけにつき合ったのが、ナインテイルズ、ストーミーシー、トーラスジェミニで全馬掲示板も確保できず。

序盤は先団にいたクルーガー、ボンセルヴィーソはこのときは中団の前に控えた。

おそらくこれが勝負の分かれ目。

今週からコース替わりの中山は、基本的には前有利。

道中の前4頭が途中のハイラップで最後にへばったところで、それを前に見るかたちで追走したクルーガー、ボンセルヴィーソが1着、2着となった。

コース替わりなので確実に前に行ける先行力と、そこそこのSP持続力が求められたレース。

回顧

1着は4番人気のクルーガー。

中盤ラップが速くなったところで、うまく控えて脚を溜めたのが最後の伸びにつながった。

レースの上りが35.7秒と少しかかったのも良かった。

 

2着は13番人気のボンセルヴィーソ

抜群の先行力はこのレースでも生かされた。

序盤は先団に取り付いたが、クルーガー同様ラップが速くなったところでそれにつき合わず、しっかりと折り合えたことが好走に繋がった。

ただ、今回は中盤で控えてうまく行ったが、持ち味はあくまでも先行力。次も控えてうまくいくとは限らない。

 

3着は5番人気のレイエンダ

最後は良い伸びを見せたが、今回は道中の位置取りの差が出た。

前走のように先手が取れていれば勝ち負けもあったかも。

 

1番人気のプリモシーンは5着。

4角は外を回して追い込んできたが、0.5差までが精一杯。

この馬も今回は位置取りが悪かった。

あと、紅一点の牝馬で56キロのハンデも微妙に効いたはず。