結果

第63回サンケイスポーツ杯阪神牝馬S(G2)

阪神競馬場 芝1600m(外)良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サウンドキアラ 1.32.9 5-5(中団前) 33.7
スカーレットカラー 1.33.1 1  1/2 14-15(後方) 33.4
ディメンシオン 1.33.2 クビ 3-2(先行) 34.4

レース上り:34.5

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.32.9 34.5 12.3 10.8 11.4 12.0 11.9 11.2 11.7 11.6
過去平均 1.33.8 33.9 12.7 11.3 12.0 12.0 11.9 11.0 11.1 11.7

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去3走))

前半の3Fはそこそこ速いラップを刻んでいる。

それにも関わらず、上り3Fはしっかり34.5秒の上りでまとめられている。

過去の芝1600mで行われた「阪神牝馬S」史上おそらく最速タイムでの決着。

スピードとスタミナが求められたレース。

回顧

1着は2番人気のサウンドキアラ

道中は中団の前あたり、内ぴったりでレースを進めた。

直線もそのまま内に進路を取り、ぽっかりと開いた前のスペースをそつなく抜け出してくると、そのまま突き抜けてゴール。

これで3連勝。

阪神では初めての勝ち鞍。

走破時計もまずまず。

本番へ向けて視界良好だが、府中のマイルでは更なるスピードが求められる。

 

2着は6番人気のスカーレットカラー

久々の1600mも問題にしなかった。

上位入線馬の中では唯一後方からの追い込み。

この切れ味はさすが。

 

3着は11番人気のディメンシオン

前につけてしぶとい馬だが、ここで来るとは・・・。

 

1番人気のダノンファンタジーは0.4差の5着。

半年ぶりとしてはまずまずと言ったところか?

しかし斤量55キロではこれで(0-0-0-4)となった。