結果

第87回 東京優駿(G1)18頭

東京競馬場 芝2400m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
コントレイル 2.24.1 3-3-5-4(先行) 34.0
サリオス 2.24.6 3 10-10-10-11(中団) 34.1
ヴェルトライゼンデ 2.24.9 1  3/4 5-5-7-7(先行) 34.7

レース上がり:34.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.24.1 34.3 12.6 11.3 12.9 12.6 12.3 11.8 12.2 12.3 11.8 11.3 11.3 11.7
過去平均 2.24.1 34.9 12.7 10.9 12.0 12.1 12.3 12.2 12.5 12.4 12.2 11.6 11.4 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

とにかく序盤(Lap4まで)がめちゃくちゃ緩い。

後方にいた横山典騎手のマイラプソディが1000m過ぎに、たまりかねてハナを奪いに行く戦術も理解できる。

中盤は多少ラップも上がって行くが、速いほどではない。

本格的に加速して行くのは残り800mを過ぎてから。

レースの上り3Fが34.3秒。

このペースだと、まあ、それくらいのものだろう。

基本的には前に行った馬に有利なスローの展開。

あとは瞬発力が求められたレース。

回顧

1着は一番人気のコントレイル

前の良い位置にポジションを取って、このペースなら楽勝もうなずける。

もう少し、この馬を焦らせるような展開を期待したが、この馬にとっては最高の展開になると言う・・・。

まさに「ダービー」は運の強い馬が勝つ。

 

2着は2番人気のサリオス

道中は中団に控える競馬。

逃げる馬がいないなら、自らが逃げても面白かったかも。

しかし「大一番」でそれを期待するのは、短期免許の外国人騎手には酷な注文。

瞬発力勝負では敵わないのは分かっていながら、瞬発力勝負を挑まざるを得ないレース展開。

やはり競馬は難しい。

 

3着は10番人気のヴェルトライゼンデ

これは位置取りと展開が向いたのだと思う。

 

3番人気のワーケアは8着。

中団で脚を溜めるが、直線ではピリッとした脚は使えず。

「皐月賞」をスルーしての「ダービー」参戦。

良かったのか悪かったのか?