結果

第134回 目黒記念(G2)

東京 芝2500m 良 18頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
キングオブコージ 2.29.6 15-15-13-13(後方) 34.9
アイスバブル 2.29.7 1/2 9-9-8-8(中団前) 35.3
ステイフーリッシュ 2.29.8 1/2 5-5-5-5(先行) 35.7

レース上り:35.9

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12 Lap13
今走 2.29.6 35.9 7.4 11.1 11.4 12.3 12.0 11.7 11.8 12.0 12.0 12.0 12.0 11.8 12.1
過去平均 2.30.0 35.1 7.3 11.2 11.2 12.4 12.3 12.1 12.2 12.4 12.1 11.9 11.6 11.6 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

中盤1000m(Lap4~Lap8)で速くなっている。

その後も、それほどペースは落ちずに上り3Fへと向かう。

レースの上りは35.9秒。

前に行った馬にはキツい展開となった。

スピードの持続力とスタミナが求められたレース。

回顧

1着は1番人気のキングオブコージ

オープンのペースへの対応が鍵だと思っていたので、道中後方にいるのを見て、「やはりダメだったか」と思ったが、何と直線で弾けた。

もともと後ろからの競馬もできる馬だが、ここまでの3連勝はすべて先行策でOPに昇格した。

昇級初戦の重賞で、今度は後ろからの競馬。

これは今後も期待大。

 

2着は6番人気のアイスバブル

道中は中団で脚を溜めるこの馬の競馬。

ペースもこの馬向きにそこそこ締まってくれたのだから、ここは嵌った。

ハンデ差1キロを考えれば上々の内容。

 

3着は7番人気のステイフーリッシュ

先団の5番手で追走して、直線もバテずに先頭に食らいついた。

このペースで前にいて、トップハンデ57.5キロで3着に残ったのは立派。

距離も長いと思っていたが、前々そんなことはない様子。

この馬、まだまだ成長している印象。

 

2番人気のオセアグレイトは6着。

この馬も先団にいて、直線では先に抜け出して勝ちに行った。

残り200mで一杯になったが、内容のある競馬だった。

ハイペースの「ダイヤモンドS」も前につけて3着に粘った。

この馬も、今後の成長には期待大。