結果

第73回 鳴尾記念(G3)

阪神競馬場 芝2000m(内)良 16頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
パフォーマプロミス 2.00.1 8-9-7-5(中団前) 35.7
ラヴズオンリーユー 2.00.1 ハナ 5-6-5-5(中団前) 35.7
レッドジェニアル 2.00.2 1/2 15-14-13-13(後方) 35.2

レース上り:36.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.00.1 36.3 12.2 11.0 12.8 12.2 11.8 12.2 11.6 11.7 12.1 12.5
過去平均 1.58.8 34.8 12.5 11.2 12.4 12.3 11.9 12.0 11.8 11.5 11.3 12.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

このレースのラップタイムはちょっと注意が必要。

序盤は平均か、少し遅いくらいのラップを刻み、中盤は若干速くなるも、過去の良馬場平均と比べても0.3秒ほど速いだけで、展開を左右するようなことはない。

にも関わらず、上り3Fがめちゃくちゃ遅い。

まるでハイラップを刻んだあとの上り3Fのようなラップの出方。

確かに逃げたサトノルークスが残り200mあたりまで粘っていたこともあるが、ラスト200mも12.5秒かかっているのだから、これはかなりの消耗戦。

このラップのからくりは、おそらく昼過ぎに降った雨の影響。

短時間の雨だったが、雨量はそこそこ降ったと思われる。

このレースだけではなく、8R、9Rも時計のかかる決着となっていた。

これらのことを考慮に入れると、今年の鳴尾記念は、そこそこの道悪適正と、パワー、スタミナが求められたレースとなったのではないか。

回顧

1着は10番人気のパフォーマプロミス

もともと力のある馬で、道悪でも好走歴がある。

しかし骨折のため、今回が約11ヵ月ぶりの競馬となっていた。

休み明けは(4-1-2-1)と抜群の実績を持っていたのだが、1年近く休んだのは今回が初めてだった。

当日の馬体重もプラス14キロで、連対体重を大幅に上回っていた。

まあ、パンパンの良馬場ならまた違った結果になっていたのだろうが、鉄砲駆けする馬は、休養期間はあまり関係ないということを肝に銘じておこう。

 

2着は1番人気のラヴズオンリーユー

道中は中団の前目あたり。

直線では勝ったパフォーマプロミスと馬体を併せての追い比べ。

ゴール前は微妙だったが、わずかにハナ差及ばずの2着。

ハナ差は頭の上げ下げなので、これは運。

牡馬の中に紅一点、牝馬はラヴズオンリーユーただ一頭。

この消耗戦をハナ差の2着は、やはり力がある証拠。

普通の良馬場なら、楽に勝っていたように思う。

 

3着は4番人気のレッドジェニアル

出遅れて後ろからの競馬になったのが良かった。

内でしっかり脚を溜めて、直線も外を回さずに内を攻めたのも嵌った一因。

 

2番人気のサトノルークスは8着。

大外16番ゲートから後方待機。

直線は馬場の外目から追い出すが、ピリッとした脚は使えず。

この馬は道悪は良いはずなのだが、敗因は馬場ではなく、「菊花賞」以来の7ヵ月半の休み明けだろう。