結果

第81回 優駿牝馬(オークス)(G1)18頭

東京競馬場 芝2400m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
デアリングタクト 2.24.4 11-12-12-13(中団後) 33.1
ウインマリリン 2.24.5 1/2 2-2-2-4(先行) 34.0
ウインマイティー 2.24.6 クビ 7-5-5-4(中団前) 34.1

レース上り:34.2

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.24.4 34.2 12.3 11.1 12.0 12.3 12.1 12.7 13.0 12.6 12.1 11.2 11.2 11.8
過去平均 2.24.6 35.0 12.6 11.0 12.1 12.3 12.2 12.3 12.5 12.3 12.2 11.7 11.5 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去9走))

序盤は多少速くなっているかもしれないが、1000mを過ぎたあたりからラップがガクッと遅くなる。

13秒台のラップも出て来るのだから、これはとてつもなく緩い。

加えて、スマイルカナが少し離して逃げていることもあり、2番手以降はかなりの緩いラップでLap6~Lap8の600mを追走していたことになる。

その分、上りの600mは一気にラップが速くなり、レースの上りは34.2秒を計時する。

中盤の600mでこれだけ体力を温存できれば、前に行った馬には好都合。

あとは2400mを走りきれる距離の適正さえあれば十分。

しかし1頭、鬼のような末脚を持つ馬が、そんな前有利のユルユルの展開にも関わらず、後方から、直線では前がなかなか開かない中、残り400mで先頭を差し切ってみせた。

並みの差し馬なら掲示板が精一杯。

トップクラスの末脚を持つ馬でも、3着に入るのがやっとと言うところだろう。

デアリングタクトと言う牝馬、末恐ろしい。

回顧

1着は1番人気のデアリングタクト

詳細はさっき「ラップ分析」で書いたので、ここでは省略。

 

2着は7番人気のウインマリリン

普通ならこの馬が勝っている展開。

前走「フローラS」での強い勝ち方は本物だった。

この馬のスピード持続力を持ってすれば、今回のペースなら余裕で残れるはずだったが。

戦った相手が悪かった。

 

3着は13番人気のウインマイティー。

単勝60.5倍の低評価ながら3着に食い込んだ。

道中は前目のポジションで、4角は4番手まで進出。

展開が向いたと言うことと、2400mを走り切る距離への適正があったのだろう。

 

2番人気のデゼルは11着。

キャリア3戦で、しかも中2週での参戦。

ちょっと無理がありすぎた。

 

3番人気のクラヴァシュドールは15着。

道中は3番手。

絶好のポジションで直線も一旦は先頭に立ったが、残り200mで力尽きた。

この展開で粘れないのだから、逃げたスマイルカナ同様、やはり距離が長かったのだろう。