結果

第58回 京都金杯(G3)ハンデ

京都競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サウンドキアラ 1.34.0 4-5(先行) 34.6
ダイアトニック 1.34.2 1  1/4 9-9(中団) 34.3
ボンセルヴィーソ 1.34.4 1 2-2(先行) 35.3

レース上り:35.0

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.34.0 35.0 12.1 11.0 11.8 12.2 11.9 11.9 11.4 11.7
過去平均 1.33.6 34.8 12.3 10.9 11.5 12.2 11.8 11.7 11.4 11.7

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

例年の良馬場平均より少し遅いくらいの平均的なペース。

当日の馬場が良馬場とは言え、若干時計のかかる馬場だったこともラップに影響。

上りは少し要したが、馬場が重い分、後ろからの馬は末脚を封じこめられた格好。

回顧

勝ったのはサウンドキアラ。

レース前の時点で京都は(4-1-0-1)と相性抜群。加えてハンデ53キロ、枠順も内目の2枠3番を引き当てれば、この結果もうなずける。

2着はダイアトニック

課題の距離だったが、この2着で目処が立った。

前走は初めてのG1でしかも8枠15番と運にも見放された感じだったが、今回はハンデ57キロを背負ってしっかりと結果を残した。

3着はボンセルヴィーソ。

1600万条件が長かったが、もともとは「NHKマイルC(G1)」3着の実力馬。京都コースも(3-1-2-1)と得意にしていたことを考えると、14番人気で単勝83.7倍は盲点だった。

一番人気のカテドラルは17着に沈んだ。

当サイトでも指摘していたが、やっぱりカテドラルは重めの馬場では力がだせないようだ。