結果

第69回 中山金杯(G3)

中山競馬場 芝2000m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
トリオンフ 1.59.5 2-2-2-2(先行) 35.6
ウインイクシード 1.59.5 5-5-5-4(中団前) 35.3
テリトーリアル 1.59.6 3/4 6-5-8-6(中団前) 35.2

レース上り:35.8

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.5 35.8 12.6 11.1 12.8 11.7 12.0 11.8 11.7 11.7 11.4 12.7
過去平均 1.59.7 35.3 12.4 10.9 12.9 11.9 12.6 12.0 11.7 11.7 11.6 12.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

序盤は平均なみに流れたが、600mをすぎたあたりから徐々にペースが上がって行く展開。

そのため上りは例年より少しかかって35.8秒。

それでもコース替わり(年明けはCコースから)の影響か、後方にいた馬は届かずに、どちらかと言えば前残りの競馬となった。

レース回顧

勝ったのはトリオンフ。

中盤からペースがあがる展開で、前々から押し切ったことも評価できるが、トップハンデの58キロを背負っての勝利にも価値がある。

一年以上のブランクがあったが、今年は中距離路線でもうひと暴れしそうな予感。

2着はウインイクシード。55キロのハンデも効いたが、得意の中山で前目の位置につけられれば強い。

3着はテリトーリアル。休み明けの前走は、初めての重賞で不利な条件が重なったが、今回はひと叩きされて、枠順も展開もピッタリ嵌った感じ。

1番人気のクレッシェンドラヴは出遅れて後方から。

良いときはマクリ気味に上がって行く競馬も見せるが、今回は4角でも15番手と、道中の行きっぷりもあまり良くなかった。

有馬記念を除外になった影響が少なからずあったか?