結果

第54回 シンザン記念(G3)

京都競馬場 芝1600m(外) 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サンクテュエール 1.35.9 3-3(先行) 35.5
プリンスリターン 1.35.9 クビ 2-2(先行) 35.6
コルテジア 1.36.6 4 5-5(中団) 35.9

レース上り:35.7

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.35.9 35.7 12.5 11.1 11.8 12.6 12.2 12.2 11.5 12.0
過去平均 1.34.4 35.3 12.3 11.1 11.6 12.2 11.9 11.7 11.6 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

過去の良馬場平均よりもややゆったりとしたペースにも関わらず、上りもかかっている。

これはおそらく馬場状態によるもので、当日の馬場はかなりタフな馬場状態で時計がかかっていた模様。

今回は、キレよりも馬力、タフさが求められたレースだったのではないか。

回顧

勝ったのは2番人気のサンクテュエール

出遅れたものの、二の脚で巻き返して先団に取りつき、道中は終始内を走り、直線も内から追いすがるプリンスリターンを差し切った。

テンで二の脚を使った分のスタミナのロスもあったと思うが、それでいてゴール前のあの勝負根性は凄い。

2着はプリンスリターン

「朝日杯FS(G1)」の5着がフロックではないところを証明して見せた。

3着は伏兵コルテジア

3走前の未勝利戦では内容のある2着があった。勝ち馬には0.7差開けられてはいるが、今後も期待したい一頭。

断トツ1番人気のルーツドールは馬群に沈んだ。

終始外々を回っていたが、それに加えてタフな馬場もダメだったのか?