結果

第36回 フェアリーS(G3)

中山競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
スマイルカナ 1.34.0 1-1-1(逃げ) 35.0
チェーンオブラブ 1.34.4 2  1/2 6-10-9(中団) 34.4
ポレンティア 1.34.6 1  1/4 10-5-5(中団) 35.0

レース上り:35.0

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.34.0 35.0 12.1 11.1 11.7 12.1 12.0 11.8 11.2 12.0
過去平均 1.35.0 35.5 12.4 11.4 11.7 11.9 12.1 11.9 11.5 12.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去9走))

過去の良馬場平均よりも少し速いラップを刻んで、走破時計も平均よりも1.0秒速い時計。

レースの上りも過去の平均よりも0.5秒速い35.0秒。

例年に比べてレースのレベルは高かったと言えるが、そのレースを作ったのも、勝利したのも、逃げたスマイルカナ。

回顧

勝ったのはスマイルカナ

1枠1番の絶好枠も快勝を後押ししたのは言うまでもない。

2着のチェーンオブラブには2馬身1/2をつけた。

時計も優秀で、逃げてこれだけの着差をつけたのは近年に例はない。

毎年春の桜花賞にはまったく繋がらないこのレースだが、今年は違うかも。

2着はチェーンオブラブ

自慢の末脚が炸裂して2着を死守。

この末脚は中山よりも、阪神1600m、東京2400mではさらに生きてくるのでは?

3着はポレンティア

出遅れながらも二の脚で追い上げて道中は中団から4番手。

直線も馬場の外目でスピードを落とさずに粘った。

新馬戦でも素質の高さは示していた馬。