結果

第24回 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 8頭立て

東京競馬場 芝1800m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
コントレイル 1.44.5 R 5-5-5(中団) 33.1
アルジャンナ 1.45.3 5 6-7-7(後方) 33.6
ラインベック 1.46.0 4 2-3-2(先行) 34.9

レース上り:33.9

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.44.5 33.9 12.9 11.0 11.4 11.8 11.7 11.8 11.7 10.8 11.4
過去平均 1.47.1 34.7 12.7 11.3 11.7 12.0 12.2 12.4 11.9 11.2 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

序盤、中盤と、過去の平均と比べてもかなりの速いペースで推移している。

走破時計は2歳のレコードを計時した。

逃げたマイネルデステリョが、大逃げとは言わないまでも、やや離した逃げを打ったことが、ペースが速くなっている主な原因。

しかし、2番手以降の馬もそこそこ離されずに追走していることから、逃げた馬だけがハイラップを刻んだ、ということではないだろう。

とにかく上りが速くなっているので、前後半のペースバランスを見ればスローもしくはミドルとなるのかもしれないが、明らかにペースは速く、スピードの持続力が試されるレースとなった。

レース回顧

勝ったコントレイルは、スピードの持続力が試されるハイラップの展開の中、そんなペースにも関わらず、最後の400mでさらにギアをトップに入れて後続を大きく突き放した。

走破時計の1.44.5は、2歳馬のレコードタイムだが、これまでのレコードが1.45.9

もっと言えば、3歳以上のレコードタイムは2007年にチョウサンが出した1.44.2で、今回の走破時計はそれより0.3秒遅いだけ。

この馬、おそらくタダモノではない。

しかし、速い時計は脚元の故障と表裏一体のところがある。

どうか怪我なく、3歳のクラシック戦線まで駆け上がって行って欲しい。

2着のアルジャンナも走破時計は優秀で、3着のラインベックに4馬身の大差つけているのだが、今回は相手が悪すぎた。