結果

第44回 エリザベス女王杯(G1)

京都競馬場 芝2200m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ラッキーライラック 2.14.1 7-8-8-8(中団) 32.8
クロコスミア 2.14.3 1  1/4 1-1-1-1(逃げ) 34.8
ラヴズオンリーユー 2.14.3 クビ 2-2-2-2(先行) 33.8

レース上り:34.6

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.14.1 34.6 12.7 11.6 13.3 12.7 12.5 12.8 12.3 11.6 11.5 11.4 11.7
過去平均 2.12.78 35.1 12.4 11.0 12.4 12.5 12.2 12.5 12.6 12.0 11.6 11.8 11.7

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

過去の平均と比較しても一目瞭然の超スローの展開。

Lap3では13秒台が一度。

良馬場で13秒台のラップを刻むというのはおそらく稀。

最終着順も、道中10番手以下にいた馬は軒並み10着以下。

道中の位置取りが、中団やや前目までにいないとレースに参加できないと言ったような展開。

レース回顧

勝ったラッキーライラックは2番ゲートから中団の内寄りでじっと脚を溜める。

4角も京都外回りの必勝パターンの最短距離でインを突き、直線も最内を力強い伸び脚で差し切った。

馬も強かったが、スミヨン騎手の騎乗も光った。

2着のクロコスミアはこれ以上にないペースでの逃げ。

逆にこれで勝てなければ仕方がない。

デビュー以来5連勝を狙ったラヴズオンリーユーは3着。

このペースなら直線早々と抜け出して後続を完封してもおかしくないが、やはり超久々のぶっつけ本番ではこんなものだろう。

秋華賞馬クロノジェネシスは5着。

デビュー以来初めて3着以内を外したが、素直にこれがこの馬の今の実力だと思う。