結果

第36回 マイルチャンピオンシップ(G1)17頭立て

京都競馬場 芝1600m(外) 良馬場

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
インディチャンプ 1.33.0 4-5(中団前) 33.9
ダノンプレミアム 1.33.2 1  1/2 4-3(中団前) 34.2
ペルシアンナイト 1.33.3 クビ 10-12(中団後ろ) 33.7

レース上り:34.2

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.0 34.2 12.5 11.2 11.6 11.9 11.6 11.5 11.0 11.7
過去平均 1.32.5 34.7 12.3 10.9 11.3 11.9 11.6 11.4 11.5 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

序盤(Lap1~Lap3)が過去の平均よりも1秒近く遅い。

中盤で平均的なラップを刻み、上り3Fは34.2秒。

そこそこの瞬発力が問われたレースだが、中団の前あたりにポジションを構えていないと、勝ち負けは難しいレースとなった。

大まかに括ると、スローの前残り、とまでは行かないまでも、スローの前有利の展開。

レベル的にはさほど高くはないと思う。

レース回顧

スタート良く中団の前につけたインディチャンプが、直線残り200m過ぎから突き抜けた。

勝因はどうだろう? 良いポジションが取れたことと、ダノンプレミアムが一呼吸早く動いてくれたことぐらいか?

2着のダノンプレミアムは、1番人気とあわせて、今年中央でG1レースでの1番人気は数々あれど、まだG1勝利がない川田騎手だけに、早目に動いて勝ちに行った結果だろう。

ペースが緩いのは分かっていただろうし、そうなると前に残られるのも怖い。

枠順も外目でテンに脚を使っている。

道中は終始、勝ったインディチャンプよりも馬一頭分外目を回っている。

勝負どころで早目に動いた。

これが着差にして0.2秒、上り時計にして0.3秒、インディチャンプに劣った原因だろう。

3着のペルシアンナイトは唯一後ろからの馬。

直線は勝ったインディチャンプの真後ろで、ゴール前で内を走るマイスタイル、ダノンキングリーを差し切った。

この日の馬場は内が伸びなかった。

そのようなトラックバイアスがなかったなら、マイスタイルに残られていただろう。

ペルシアンナイトの当該レース3年連続3着以内は、運もずいぶんと味方している。