結果

第6回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G3)9頭立て

京都競馬場 芝2000m 良馬場

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
マイラプソディ 2.01.5 7-7-5-3(後方) 35.9
ミヤマザクラ 2.01.8 2 3-4-3-2(先行) 36.5
ロールオブサンダー 2.02.3 3 1-1-1-1(逃げ) 37.2

レース上り:36.4

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.01.5 36.4 12.5 11.4 12.1 12.2 12.2 12.6 12.1 12.0 11.8 12.6
過去平均 2.01.7 34.4 12.6 11.5 12.4 12.7 12.8 13.1 12.3 11.6 11.3 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去4走))

レースの序盤はそこそこ速く、中盤になると12.2秒のラップを2度刻むなど、かなり淀みのない展開になっている。

3角上りのLap6で少しだけ息が入るが、それでも過去の平均と比べれば速い。

3角下りのLap7では12.1秒。残り600mからはさすがに例年のような加速はできないものの、残り200mまでは12秒前後のスピードは持続している。

ラスト200mはさすがに12.6秒とラップは落ちるが、勝ったマイラプソディは残り100mで先頭に立ち、そんなに追うこともなく2馬身離してゴールしていることから、追っていればさらに時計は短縮できた可能性は高い。

レースの上りは36.4秒。勝ったマイラプソディの上りが35.9秒だから、スピードの持続力と底力が問われたレースと言えるが、マイラプソディの最後の様子を見るに、まだまだ底力までには至っていないだろう。

レース回顧

ラップ分析と重複になるが、マイラプソディの強さが際立ったレース。

序盤は後方にポジションを取るが、向う上面手前ではすでに加速を開始していた。

3角では5番手、4角では3番手にまでマクッて行って、このタフな流れを余裕の走りで2着に2馬身つけて圧勝した。

前走の「野路菊S」では終いの脚(33.4)も証明済みで、それに加えて今走では、持久力の確かさも示して見せた。

先週の「東スポ杯2歳S(G3)」で勝利したコントレイル同様、今後楽しみな一頭。

2着のミヤマサクラは正攻法の競馬。このタフな流れを先団につけて3着には3馬身つけるあたり、牝馬としては十二分の走り。

3着のロールオブサンダーはこのペースを引っ張った逃げ馬。3着に踏ん張ったには良しとしても、2着馬との3馬身差は少し物足りない。