結果

第8回 アルテミスステークス(G3)

東京競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 位置取り 上がり3F
リアアメリア 1.34.3 7-8(後方) 33.0
サンクテュエール 0.1差 2-2(先行) 33.6
ビッククインバイオ 0.2差 1-1(逃げ) 33.9

レース上り:33.7

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.34.3 33.7 12.8 11.5 12.0 12.1 12.2 11.4 11.0 11.3
過去平均 1.34.6 34.7 12.5 11.1 11.6 12.3 12.4 11.7 11.4 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去4走))

序盤600mはかなり緩めのペース。

中盤でやや加速して行って、上りの競馬となった。

瞬発力に重点が置かれたレース内容。

レース回顧

勝ったリアアメリアは、序盤のスローペースでかなり行きたがっていたが、川田騎手がうまくなだめて最後まで持たせた。

かかっていたにも関わらず、終いはメンバー最速の33.0秒。

卓越した瞬発力を披露した。

2着には道中2番手追走のサンクテュエール。

3着には逃げたビッククインバイオ。

かなりのスローな流れのため、勝ち馬以外は先行馬有利。

2~5着までにすべて先行馬が入った。

それだけに、そんな展開もお構いなしに、後方から差し切ったリアアメリアの強さがだけが際立ったレースとなった。