2021年2月14日【北九州短距離S】終了時点までのデータをもとに、ヤマカツマーメイドの好走パターンを分析。

ヤマカツマーメイドの距離適性

ヤマカツマーメイドはこれまでに芝1000m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(0-0-0-3)
  • 芝1400m(1-1-0-4)
  • 芝1500m(1-1-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

1400mがベスト。

1600mは、「阪神JF(G1)」で5着に入っているが、1着に1.2差、3着にも0.4差離されている。

ヤマカツマーメイドの脚質

先団、もしくは中団の前あたりにポジションを取って、時計、上りを要する展開で浮上する底力タイプ。

切れる脚はなく、瞬発力勝負には対応できない。

SP持続力もなく、34秒台の上り時計では勝負にならない。35秒台でもきついくらい。

ヤマカツマーメイドのコース適正

ヤマカツマーメイドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-0-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(0-1-0-3)
  • 小倉(0-0-0-1)

洋芝の札幌で好走していることから、パワーを要する馬場が得意に映る。

瞬発力が求められるコースよりも、スタミナ、パワーを要するコースの方が戦いやすそう。

ヤマカツマーメイドの持ち時計(ベストタイム)

ヤマカツマーメイドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m 0.57.1 7着(新潟)
  • 芝1200m:1.07.8 15着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.8 13着(阪神)
  • 芝1500m:1.30.6 2着(札幌)
  • 芝1600m:1.33.9 5着(阪神)

時計勝負にはまったく向かない。


ヤマカツマーメイドの重馬場適正

ヤマカツマーメイドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(0-0-0-5)

道悪は走っても良さそうだが、重馬場では大差の負けが続く。

ヤマカツマーメイドの枠順適正

ヤマカツマーメイドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-3)
  • 5~9番(0-2-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-3)

切れる脚がないだけに、位置取りが後ろすぎると勝負にならない。

最低限外枠は避けたいだろう。

ヤマカツマーメイドの鉄砲実績(休み明け)

ヤマカツマーメイドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

フレッシュな状態が良さそう。

ヤマカツマーメイドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

ヤマカツマーメイドの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-2)
  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-2-0-5)
  • 55キロ(0-0-0-2)


ヤマカツマーメイドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~472キロ

ヤマカツマーメイドの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はグラスワンダー(ロベルト系)。

半兄に2016年、2017年の「金鯱賞(G2・中京芝2000m)」を2連覇したヤマカツエース(父はキングカメハメハ)。

ヤマカツマーメイドの次走

次走は2月20日(土)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「京都牝馬S(G3)」。

連闘で刺激注入策か?

 

その他、京都牝馬S(G3)の出走馬を分析