2020年5月10日【橘S】終了時点までのデータをもとに、ヤマカツマーメイドの好走パターンを分析。

ヤマカツマーメイドの距離適性

ヤマカツマーメイドはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-1-0-3)
  • 芝1500m(1-1-0-0)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

1400mがベスト。

1600mは、「阪神JF(G1)」で5着に入っているが、1着に1.2差、3着にも0.4差離されている。

ヤマカツマーメイドの脚質

先団、もしくは中団の前あたりにポジションを取って、時計、上りを要する展開で浮上する持続・スタミナ型。

切れる脚はなさそうなので、瞬発力勝負には対応できない。

ヤマカツマーメイドのコース適正

ヤマカツマーメイドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(0-1-0-2)

洋芝の札幌で好走していることから、パワーを要する馬場が得意に映る。

阪神でも、外回りで5着(1.2差)、内回りで2着(0.2差)。

瞬発力が求められるコースよりも、スタミナ、パワーを要するコースの方が戦いやすそう。

ヤマカツマーメイドの持ち時計(ベストタイム)

ヤマカツマーメイドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.2 2着(阪神)
  • 芝1500m:1.30.6 2着(札幌)
  • 芝1600m:1.33.9 5着(阪神)

時計勝負には向かない。

ヤマカツマーメイドの重馬場適正

ヤマカツマーメイドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(0-0-0-2)

稍重程度なら問題なさそうだが、重馬場になるとパフォーマンスを落とす。

血統的にはこなしてもいいのだが・・・。

ヤマカツマーメイドの枠順適正

ヤマカツマーメイドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-1)
  • 5~9番(0-2-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

切れる脚がないだけに、位置取りが後ろすぎると勝負にならない。

極端な外枠は避けたいだろう。

ヤマカツマーメイドの鉄砲実績(休み明け)

ヤマカツマーメイドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)

データが少ないが、現状ではフレッシュな状態が良さそう。

ヤマカツマーメイドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-1)

ヤマカツマーメイドの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(2-2-0-3)
  • 54.5~56キロ(0-0-0-2)
  • 57キロ~(未)

ヤマカツマーメイドの連対体重

  • 462~472キロ

ヤマカツマーメイドの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。母の父はグラスワンダー(ロベルト系)。

半兄に2016年、2017年の「金鯱賞(G2・中京芝2000m)」を2連覇したヤマカツエース(父はキングカメハメハ)。

ヤマカツマーメイドの近走診断

19/11/2 ファンタジーS(G3)

京都 芝1400m 良 15頭

着順:4着(1.21.2・0.5差)

騎手:池添謙一(54キロ)

好位の5番手で直線に入り、いいところまで伸びてくるが、ゴール前であとひと伸びを欠いて4着。

最後はキレ負けした感じ。

19/12/8 阪神JF(G1)

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:5着(1.33.9・1.2差)

騎手:武豊(54キロ)

1枠1番から先行するように見えたが、ペースが速いと察したか? 控えて中団から。

道中のペースはレシステンシアが高速ラップを刻んでハイペース。

ヤマカツマーメイドは直線はいいところまで2着争いをしていたが、ゴール前であとひと伸びを欠いて5着。

前走と同じような負け方。

ただ、今回の負けは、キレ負けと言うより、距離ではないか?

20/3/15 フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m 稍重 18頭

着順:2着(1.21.2・0.2差)

騎手:池添謙一(54キロ)

4枠7番から先団につけて追走。

ペースはカリオストロが速いラップを刻んでハイペースに。

ヤマカツマーメイドは4角は好位の3番手で直線へ入ると、残り200mを過ぎて先頭に立ち、そのまま押し切るかに見えたが、ゴール前エーポスの末脚に屈して2着。

レースの上りは36.0秒。

稍重でのパワー、スタミナ勝負では力を出せる。

20/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m 重

着順:18着(1.39.9・3.8差)

騎手:池添謙一(55キロ)

道中は好位3番手で追走するが、直線はバテ気味の失速。

距離が長そう。

20/5/10 橘S(L)

京都 芝1400m 良

着順:6着(1.21.7・0.5差)

騎手:池添謙一(55キロ)

道中は中団の4~5番手。

3~4角で差を詰めて、4角は好位の4番手。

直線では残り200mで先頭に並びかけるかと思ったが、そこからズルズル失速。

どちらかと言えばこの馬向きの展開も、残り200mで伸びず。

桜花賞からの中3週。疲れもあったか。

ヤマカツマーメイドの次走

次走は8月30日、札幌競馬場 芝1200mで行われる「キーンランドC(G3)」。

斤量51キロは魅力だが、初の千二に対応できるか?

「キーンランドC」は過去10年で3歳馬の参戦は(1-2-0-19)。

連対した3頭はいずれも芝1200mの連対実績があった。

 

その他、キーンランドカップの出走馬を分析