2021年12月19日【ディセンバーS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ウインアグライアの好走パターンを分析。

ウインアグライアの距離適性

ウインアグライアはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-2)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は中距離あたりか。

千六は忙しい?

ウインアグライアの脚質

前々からの押し切り、粘り込み。

ただ、テンが速くなると、それでもポジションを取れるスピードはない。

そうなると、中団、後方からの差し脚はないので苦戦。

一方で、消耗戦には強いので、上りのかかるタフな展開で浮上。

道悪の極端な展開で勝ち上がってきた馬だけに、この先オープンクラスではちょっと苦戦が続くのではないか?

ウインアグライアのコース適正

ウインアグライアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-0-3)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(未)

軽い芝より重い芝、といった印象。

ウインアグライアの持ち時計(ベストタイム)

ウインアグライアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.1 13着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.6 12着(中山)
  • 芝2000m:2.00.0 5着(東京)
  • 芝2400m:2.26.4 15着(東京)

時計はどれも速くはない。

高速決着には向かないだろう。

ウインアグライアの重馬場適正

ウインアグライアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は苦にしない、というか大歓迎だろう。


ウインアグライアの鉄砲実績(休み明け)

ウインアグライアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ウインアグライアのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-3)
  • 中6~8週(未)

ウインアグライアの枠順適正

ウインアグライアの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-4)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

ウインアグライアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

ウインアグライアの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(3-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-1)

ウインアグライアの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~462キロ

ウインアグライアの血統背景

父はマツリダゴッホ(サンデー系/有馬記念 他)。

母の父はアーチ(ロベルト系)。

アーチは米国で走り、ダート10F(約2000m)のG1を1勝。

近親にトレイルブレイザー(アルゼンチン共和杯、京都記念 他)。

牝系はラムタラヘクタープロテクターなどを有する名門牝系。

全体的な印象としては、スタミナ、パワー系に出そうな血統。

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月15日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3)」。

馬場が渋ってなんとか。

 

⇒その他、2022・愛知杯(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)