2022年7月10日【七夕賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、フォルコメンの好走パターンを分析。

フォルコメンの距離適性

フォルコメンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1500m(0-1-0-0)
  • 芝1600m(4-3-0-8)
  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(0-1-0-1)

ベストは1600m。

フォルコメンの脚質

逃げ、先行脚質。

しっかり先手さえ取れればなかなかしぶといSP持続型の馬だったが、前走「ダービー卿CT」では、後方からの上り2位の脚(33.8)でアタマ差の2着。

外差しが効く馬場だったこともあるが、脚質の幅は広がった。

ムラっぽいところはあるが、走るときはペースの緩急に関係なく走る。

フォルコメンのコース適正

フォルコメンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-1-0-0)
  • 函館(0-1-0-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-1-0-4)
  • 中山(2-2-0-4)
  • 中京(1-1-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

コースは問わない感じ。

フォルコメンの持ち時計(ベストタイム)

フォルコメンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.3 2着(中山)
  • 芝1800m:1.48.0 2着(函館)
  • 芝2000m:1.59.1 10着(福島)

千六なら、速い時計もそこそこはこなせそう。

フォルコメンの重馬場適正

フォルコメンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-2)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

馬場が渋って上りがかかる展開は得意。


フォルコメンの鉄砲実績(休み明け)

フォルコメンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-3)
  • 3戦目(0-2-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(未)

フォルコメンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(1-3-0-4)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

フォルコメンの枠順適正

フォルコメンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-0-4)
  • 5~9番(3-1-0-3)
  • 10~14番(1-3-0-3)
  • 15~18番(未)

フォルコメンの斤量別着度数

  • 54キロ(0-4-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-1-0-5)
  • 57キロ(2-1-0-3)

フォルコメンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-4)
  • 3~5月(春):(1-2-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-4-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-3)

フォルコメンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 498~514キロ

フォルコメンの血統背景

父はヴィクトワールピサ(サンデー系ネオユニヴァース/皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップ)。

母の父はストームキャット(ノーザンダンサー系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5F(約1200~1700m)で活躍。現役時代はG1を1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。代表産駒のジャイアンツコーズウェイも種牡馬として高い名声を誇る。

日本では母の父として、キズナロードカナロアなど、多くのG1ウイナーが出ている。

母方の4代前、パサドブル(Pasadoble)を祖とする牝系は、欧州、日本で多くの重賞ウイナーを輩出する名門牝系。

この一族の日本での活躍馬は、リアルスティール(ドバイターフ、皐月賞2着、菊花賞2着、秋天2着)、ラヴズオンリーユー(オークス、クイーンエリザベス2世カップ、ブリーダーズカップフィリー&メアターフ、香港カップ)など。

フォルコメンの前走

22/4/2 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:2着(1.32.3・アタマ差)

騎手:M・デムーロ(54キロ)

道中は後ろから3頭目、後方14番手の外。

4角は11番手の外で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げに入り、坂下で先頭を射程圏に入れて、坂の上りで一気に交わしにかかったが、ゴール前、さらに外から差し込んできた勝ち馬に頭差交わされての2着。

この馬も、外差し馬場と54キロのハンデが効いた感じ。

いつもとは違う脚質での2着だが、これが次も通用する保証はない。

2022年 ダービー卿CT(G3)のラップ分析&回顧

22/7/10 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:10着(1.59.1・1.3差)

騎手:石橋脩(55キロ)

道中は3番手追走。

4角は2番手で直線に向くが、直線では粘りを見せられず。

ペースがそこそこ流れたこともあり、2000mでこの流れなら直線失速もやむなし。

2022年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧