2019年11月23日【京都2歳S】終了時点までのデータをもとに、ヴァルナの好走パターンを分析。

ヴァルナの距離適性

ヴァルナはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状では芝1400~1600mがベスト。

1800m以上になると長い。

ヴァルナの脚質

先行して押し切る競馬。

終いの脚は切れる方ではなさそう。

ヴァルナのコース適正

ヴァルナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-1-0)
  • 京都(0-0-0-1)

左回りを3回使って、4戦目の京都で大敗。

京都での敗戦は、距離が長かったこともあるかもしれないが、右回りコースにも不安が残る。

ヴァルナの持ち時計(ベストタイム)

ヴァルナの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.4 3着(0.6差・東京)
  • 芝1600m:1.36.4 1着(-0.6差・東京)
  • 芝1800m:1.48.6 5着(0.4差・新潟)
  • 芝2000m:2.05.7 9着(4.2差・京都)

速い時計には対応できない可能性が高い。

ヴァルナの重馬場適正

ヴァルナはまだ道悪競馬の経験はない。

ヴァルナの鉄砲実績(休み明け)

ヴァルナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

まだ1鞍だけだが、現状では気にしなくてもよさそう。

ヴァルナの近走診断

19/10/6 2歳未勝利 12頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(-0.6差)騎手:福永祐一(55キロ)

逃げ切り勝ち。

大差では勝っているが、かなり緩いレース。

時計的にも平凡。

19/11/02 京王杯2歳S(G2)10頭立て

東京 芝1400m 良

着順:3着(0.6差)騎手:スミヨン(55キロ)

先行して3着に粘ったが、勝ち馬(レコード)には4馬身、2着馬にも2馬身あけられている。

走破時計は同レースの良馬場平均の勝ち時計は上回ってはいるが、当日の高速馬場の影響もあるので、あまり評価はできないと思う。

19/11/23 京都2歳S(G3)9頭立て

京都 芝2000m 良

着順:9着(4.2差)騎手:スミヨン(55キロ)

先行するが4角ではすでに5番手。

明らかに距離が長い。

ヴァルナの次走

次走は京都競馬場 芝1600m(外)で行われる「シンザン記念(G3)」。

距離は問題ないが、相手関係を考えるとあまり期待は出来ない。

右回りも少し不安。