テンバガーのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

テンバガーのここまでの走り

20/6/28 2歳新馬

阪神 芝1800m 稍重

着順:3着(1.49.1・0.8差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は先団4~5番手。

4角は4番手で直線に向くが、ダノンザキッドにあっさり交わされると、あとは離される一方。

3着に粘ってはいるが、キレる脚はなさそう。

20/8/30 2歳未勝利

小倉 芝2000m 良

着順:1着(2.02.8・-0.1差)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は2番手追走。

3角手前で先頭に並びかけると、4角では早くも先頭に立って直線。

直線は馬群の外目に進路を取って、トーセンインパルスの追撃を凌いでゴール。

中盤までは緩い流れだったが、後半1000mはそこそこ流れた。

テンバガー自身も長く良い脚。

21/1/17 京成杯(G3)

中山 芝2000m 良

着順:3着(2.03.7・0.6差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は中団の前。

3~4角では馬群の外目から進出を開始して、4角は5番手の外で直線に向いた。

直線ではヴァイスメテオールが前でフラフラしていたために一旦加速を妨げられたが、そこから再加速しての3着。

終始外目を回っていた距離ロスもあるが、前走同様に後半流れた展開で長く良い脚を使った。

2021年 京成杯(G3)のラップ分析&回顧


テンバガーの脚質

そこそこ前の位置が取れるスピードは持っている。

キレよりもスピードの持続力で勝負するタイプだろう。

締まった流れて、上りがそこそこかかってくれば持ち味が出せそう。



テンバガーの血統背景

父はモーリス(ロベルト系)。

母のトップセラーは中央競馬で3勝クラスまで勝ち上がったが、オープンまでには届かず。主戦場は芝のマイル~中距離。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系)。

近親に2008年の「天皇賞(春)」を勝ったアドマイヤジュピタ

テンバガーの次走

次走は3月7日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「弥生賞(G2)」。

良馬場なら期待薄だが、馬場が渋るなら、上位食い込みのチャンスはある。

 

その他、弥生賞(G2)の有力馬を分析