2020年9月27日【オールカマー】終了時点までのデータをもとに、ステイフーリッシュの好走パターンを分析。

ステイフーリッシュの距離適性

ステイフーリッシュはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-2-4-4)
  • 芝2200m(1-2-2-0)
  • 芝2400m(0-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-1-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

意外と好走レンジは広く、2500mまでは持つ様子。

「菊花賞」では大敗しているが、今なら3000mあたりもこなせるかも。

ステイフーリッシュの脚質

前目にポジションを取って押し切るスピード持続型

少々タフな展開でも粘り込んでくる。

反面、切れる脚はないので、直線の決め手勝負に持ち込まれると苦戦。

ステイフーリッシュのコース適正

ステイフーリッシュの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-1-0)
  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-2)
  • 中山(0-2-2-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-1-1)
  • 阪神(0-0-2-4)

京都の2200mは3戦して(1-1-1-0)と相性が良い。

中山コースも2000~2200mで好相性。

基本的に前々で粘り込みたいタイプだけに、直線距離は短い方が良いだろう。

ステイフーリッシュの持ち時計(ベストタイム)

ステイフーリッシュの芝2000m~2500mでの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.59.0 3着(阪神)
  • 芝2200m:2.11.0 1着(京都)
  • 芝2400m:2.24.2 10着(東京)
  • 芝2500m:2.29.8 3着(東京)

2200mの時計は3歳時の「京都記念(G2)」で出した時計だが、これは速い。

しかし基本的には、上りの速い競馬、高速馬場では苦戦。

ステイフーリッシュの重馬場適正

ステイフーリッシュの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-0)
  • 重(0-0-1-0)

そこそこ走る。

ステイフーリッシュの鉄砲実績(休み明け)

ステイフーリッシュの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-1-1-0)
  • 4戦目(0-1-1-0)
  • 5戦目~(0-1-3-3)

ステイフーリッシュの枠順適正

ステイフーリッシュの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-2)
  • 5~9番(1-1-3-3)
  • 10~14番(1-2-4-2)
  • 15~18番(0-1-0-1)

ステイフーリッシュの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-3-3-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-2-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-3)

ステイフーリッシュの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-3-4-3)
  • 57キロ(0-0-0-5)
  • 57.5キロ(0-1-2-0)

ステイフーリッシュの連対体重

  • 446~460キロ

ステイフーリッシュの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)。

母は中央で芝のマイル戦で活躍したカウアイレーン。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

ステイフーリッシュの評価

3歳時の「京都新聞杯(G2)」以来勝ちはないが、古馬になってからはそこそこ堅実な走りを見せている。

上りがそこそこかかってくれれば、前々でしぶとく粘り込む。

しかし、相手負けするのか、G1や、G1級の相手が揃ったレースではあっけなく大敗してしまうことが多い。

ただ、父のステイゴールドも、5歳までは2、3着が多かった馬。

ステイフーリッシュも、こらからまだまだ進化する可能性を秘めている。

ステイフーリッシュの近走

19/11/10 福島記念(G3)福島芝2000m

着順:2着(0.2差)騎手:中谷雄太(57.5キロ)

中団から早めの仕掛けで4角では3番手。

直線見せ場を作るも勝ち馬に差されて2着。

ハンデ57.5キロが響いたといえばそれまでだが、やはりもっと前目で競馬をしないと、勝ちは遠いと思う。

19/11/30 チャレンジカップ(G3) 12頭立て

阪神 芝2000m 良

着順:10着(1.59.7 0.6差)

騎手:中谷雄太(56キロ)

ペースが緩く、レースの上りが34.4秒。

4頭の馬が上がり33.8秒を出す瞬発力勝負。

切れる脚のないこの馬には出番はなかった。

20/1/26 アメリカJCC(G2)12頭立て

中山 芝2200m 稍重

着順:2着(2.15.2 0.2差)

騎手:ルメール(56キロ)

稍重馬場ながら、中盤は比較的流れる展開。

ステイフーリッシュは2~3番手の先団に位置し、直線は内から抜け出して先頭に立つが、ゴール前、ブラストワンピースに交わされて2着。

レースの上りが36.7秒。

道悪で上りもかかって、この馬にとっては絶好の勝機だったが、グランプリホースの力にねじ伏せられた格好。

20/2/16 京都記念(G2)

京都 芝2200m 重 10頭

着順:3着(2.17.1・0.7差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

道中は大逃げを打つアメリカズカップから遠く離れた2番手。

直線で抜け出しにかかるが、道中3番手追走のクロノジェネシスに楽に交わされ、ゴール前でもカレンブーケドールに交わされる。

しかし後続の追い上げはなんとか振り切って3着は死守した。

得意の京都2200mで力は示したが、上位馬との力の差は歴然。

2020年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:9着(1.59.4・1.0差)

騎手:岩田康誠(57キロ)

道中は中団の5番手。

4角も5番手で直線に向くが、直線ではピリッとした脚は使えなかった。

どちらかと言えばスローの上り勝負。

この馬には向かない展開だった。

2020年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:3着(2.29.8・0.2差)

騎手:坂井瑠星(57.5キロ)

先団の5番手で追走して、直線もバテずに先頭に食らいついた。

ペースは中盤からそこそこ速いラップを刻んでいて、そのペースで前目にいて、トップハンデ57.5キロで3着に入ったのは立派。

距離も長いと思っていたが、全然そんなことはない様子。

この馬、まだまだ成長している印象。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

20/9/27 オールカマー(G2)

中山 芝2200m 稍重

着順:3着(2.15.7・0.2差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

7枠7番からしっかり先手を取り、直線もそこそこの粘りは見せるが、センテリュオの末脚に屈して3着。

稍重スローの瞬発力勝負にはなったが、今秋の中山競馬場の重い馬場も見方した感じ。

2020年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

ステイフーリッシュの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

勝ち負け出来る力は十分備わっているが、勝ち切れるかどうかだけ。

中1週での参戦は、陣営の自信の現れか。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析