2021年12月12日【香港ヴァーズ】終了時点までのデータをもとに、ステイフーリッシュの好走パターンを分析。

ステイフーリッシュの距離適性

ステイフーリッシュはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-2-4-5)
  • 芝2200m(1-3-2-2)
  • 芝2400m(0-0-0-5)
  • 芝2500m(0-0-1-0)
  • 芝3000m(1-0-0-1)
  • 芝3200m(1-0-0-0)

意外と好走レンジは広く、2500mまでは持つ様子。

3000m前後も、G2あたりならこなせるかも。

ステイフーリッシュの脚質

前目にポジションを取って押し切るスピード持続型

少々タフな展開でも粘り込んでくる。

反面、切れる脚はないので、直線の決め手勝負、上り時計34秒台は苦しい。

逆に、上り時計が36秒前後かそれ以上かかってくると、かなりの確率で粘り込んでくる。

ステイゴールド産駒らしい特長を有した馬。

ステイフーリッシュのコース適正

ステイフーリッシュの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-1-0)
  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-2)
  • 中山(0-2-2-2)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-1-1-2)
  • 阪神(0-1-2-5)
  • 香港(0-0-0-1)
  • 中東(2-0-0-0)

京都の2200mは3戦して(1-1-1-0)と相性が良い。

中山コースも2000~2200mで好相性。

基本的に前々で粘り込みたいタイプだけに、直線距離は短い方が良い。

ステイフーリッシュの持ち時計(ベストタイム)

ステイフーリッシュの芝2000m~2500mでの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.59.0 3着(阪神)
  • 芝2200m:2.10.6 2着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.2 10着(東京)
  • 芝2500m:2.29.8 3着(東京)
  • 芝3000m:3.06.0 1着(サウジ)
  • 芝3200m:3.19.6 1着(UAE)

上りの速い競馬、高速馬場は、向いているとは言い難い。

ステイフーリッシュの重馬場適正

ステイフーリッシュの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-1)
  • 重(0-0-1-0)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場もG2の「アメリカJCC」で0.4差の4着。大きく負けてはいない。


ステイフーリッシュの鉄砲実績(休み明け)

ステイフーリッシュの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-5)
  • 3戦目(0-1-1-1)
  • 4戦目(0-1-1-1)
  • 5戦目~(0-1-3-4)

ステイフーリッシュのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-1-2-4)
  • 中3~5週(1-2-2-6)
  • 中6~8週(0-1-2-2)

詰めて使っても結果は残す。

ステイフーリッシュの枠順適正

ステイフーリッシュの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-4)
  • 5~9番(1-1-3-5)
  • 10~14番(2-2-4-3)
  • 15~18番(0-1-0-2)

ステイフーリッシュの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-4-3-3)
  • 3~5月(春):(2-0-1-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-2-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-1-7)

ステイフーリッシュの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-4-4-7)
  • 57キロ(0-0-0-6)
  • 57.5キロ(1-1-2-1)
  • 60キロ(1-0-0-0)

ステイフーリッシュの連対体重

  • 446~470キロ

(※中東遠征での馬体重は不明)

ステイフーリッシュの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)。

母は中央で芝のマイル戦で活躍したカウアイレーン

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親にブラックホーク(スプリンターズS、安田記念)、ピンクカメオ(NHKマイルC)など。

ステイフーリッシュの近走

19/11/10 福島記念(G3)福島芝2000m

着順:2着(0.2差)騎手:中谷雄太(57.5キロ)

中団から早めの仕掛けで4角では3番手。

直線見せ場を作るも勝ち馬に差されて2着。

ハンデ57.5キロが響いたといえばそれまでだが、やはりもっと前目で競馬をしないと、勝ちは遠いと思う。

19/11/30 チャレンジカップ(G3) 12頭立て

阪神 芝2000m 良

着順:10着(1.59.7 0.6差)

騎手:中谷雄太(56キロ)

ペースが緩く、レースの上りが34.4秒。

4頭の馬が上がり33.8秒を出す瞬発力勝負。

切れる脚のないこの馬には出番はなかった。

20/1/26 アメリカJCC(G2)12頭立て

中山 芝2200m 稍重

着順:2着(2.15.2 0.2差)

騎手:ルメール(56キロ)

稍重馬場ながら、中盤は比較的流れる展開。

ステイフーリッシュは2~3番手の先団に位置し、直線は内から抜け出して先頭に立つが、ゴール前、ブラストワンピースに交わされて2着。

レースの上りが36.7秒。

道悪で上りもかかって、この馬にとっては絶好の勝機だったが、グランプリホースの力にねじ伏せられた格好。

20/2/16 京都記念(G2)

京都 芝2200m 重 10頭

着順:3着(2.17.1・0.7差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

道中は大逃げを打つアメリカズカップから遠く離れた2番手。

直線で抜け出しにかかるが、道中3番手追走のクロノジェネシスに楽に交わされ、ゴール前でもカレンブーケドールに交わされる。

しかし後続の追い上げはなんとか振り切って3着は死守した。

得意の京都2200mで力は示したが、上位馬との力の差は歴然。

2020年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良 12頭

着順:9着(1.59.4・1.0差)

騎手:岩田康誠(57キロ)

道中は中団の5番手。

4角も5番手で直線に向くが、直線ではピリッとした脚は使えなかった。

どちらかと言えばスローの上り勝負。

この馬には向かない展開だった。

2020年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:3着(2.29.8・0.2差)

騎手:坂井瑠星(57.5キロ)

先団の5番手で追走して、直線もバテずに先頭に食らいついた。

ペースは中盤からそこそこ速いラップを刻んでいて、そのペースで前目にいて、トップハンデ57.5キロで3着に入ったのは立派。

距離も長いと思っていたが、全然そんなことはない様子。

この馬、まだまだ成長している印象。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

20/9/27 オールカマー(G2)

中山 芝2200m 稍重

着順:3着(2.15.7・0.2差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

7枠7番からしっかり先手を取り、直線もそこそこの粘りは見せるが、センテリュオの末脚に屈して3着。

稍重スローの瞬発力勝負にはなったが、今秋の中山競馬場の重い馬場も見方した感じ。

2020年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

20/10/11 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 稍重

着順:5着(2.26.0・0.4差)

騎手:藤岡祐介(56キロ)

道中は先団にとりついて、4角は2番手で直線に向くが、直線では外から追い込んできた馬のキレ味に屈した。

この馬向きの展開ではあったが、最後はキレ負け。

馬場も若干外差し有利に傾いていた感じ。

2020年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:4着(2.18.3・0.4差)

騎手:石橋脩(56キロ)

道中は中団の前。

3~4角では追って追って先団に取り付き、4角4番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から、勝ったアリストテレスと一緒に伸びて来る。

しかし、坂を上ったあたりで伸びを欠き、惜しい4着。

不良馬場でもペースは流れた。

そこを前々で粘ったのだから力は出し切った。

4歳馬とは斤量差もある。

まだまだやれそう。

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

21/2/14 京都記念(G2)

阪神 芝2200m(内)良

着順:2着(2.10.6・0.2差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は2番手。

残り600mで先頭に立ってそのまま押しきりを計ったが、ゴール前でラヴズオンリーユーに交わされて2着。

この馬の競馬は出来ているが、前半少し突っ込み過ぎた分、最後の最後で甘くなったか。

しかし、これまで連対のなかった阪神コースで初めての連対。

まだまだ成長している感じがある。

2021年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

21/8/22 札幌記念(G2)

札幌 芝2000m 良

着順:競争中止

騎手:坂井瑠星(57キロ)

心房細動によりジョッキーが下馬し競争を中止。

21/9/26 オールカマー(G2)

中山 芝2200m 良

着順:5着(2.12.3・0.4差)

騎手:横山和生(56キロ)

大外16番ゲートから、果敢に先団に取り付いて行って、道中は4~5番手追走。

4角も先団5番手で直線に向き、直線も何とかかんとか先団に食らいついて5着を確保。

大外枠から先団に取りついて行ったことを考えると、まずまず内容のある走りは出来ていると思う。

2021年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

21/10/10 京都大賞典(G2)

阪神 芝2400m 良

着順:7着(2.25.1・0.6差)

騎手:川須栄彦(56キロ)

道中は先団4番手を追走。

4角も4番手で直線に向き、直線も坂下までは何とか粘っていたが、坂の上りで甘くなった。

残り1600mで早くもペースアップしたタフな展開。

こういう展開には強い馬だが、ここらへんは自力の違いか。

2021年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/11/14 福島記念(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 良

着順:4着(1.59.9・0.7差)

騎手:坂井瑠星(57.5キロ)

道中は先頭とはかなり離れた4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は残り200mで2番手に進出して先頭を追ったが、ゴール前で甘くなって2頭に交わされた。

トップハンデ57.5キロを背負ってこの流れ。

よく頑張った方ではないか。

2021年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧

21/12/12 香港ヴァーズ(G1)

香港沙田 芝2400m

着順:5着(2.28.4・1.4差)

騎手:ホー(57キロ)

4番ゲートからすんなり前目の位置取り2番手を取り、道中は2番手追走。

前半1000mがだいたい1分3秒くらい。

3角手前では逃げるリライアブルチームに並びかける場面もあったが、リライアブルチームもハナを譲らず競り合いが続き、4角は先頭に立つが、すぐに外からパイルドライヴァーが競りかけて先頭。

直線入口はなんとかパイルドライヴァーに食らいついていたが、残り300mをきるとついて行けなくなり、ズルズルと後退して行った。

おそらく自身の上りは37秒近くかかっており、最後は完全にバテた感じ。

3角手前から3~4角でかなり競り合っていたので、その分最後まで息がもたなかったのではないか。

22/2/26 レッドシーターフハンデキャップ(G3)

キングアブドゥルアジーズ 芝3000m 良

着順:1着(3.06.0・-0.8差)

騎手:ルメール(60キロ)

11番ゲートからハナへ。

道中は後続に1馬身の差をつけて軽快に逃げる。

4角も手応え抜群で後続に1馬身の差をつけたまま直線。

直線は内ラチ沿いから追い上げに入ると、あとは後続を離す一方。

4馬身差の圧勝。

道中のラップも、相手関係もまったく分からないので、この勝利がどのくらいのレベルなのかはよく分からない。

22/3/26 ドバイゴールドカップ(G2)

メイダン 芝3200m 良

着順:1着(3.19.6・1/2差)

騎手:ルメール(57.5キロ)

4番ゲートから道中は先団4番手の最内を追走。

4角は3番手の最内で直線に向くと、直線は残り200mで逃げ粘るヴォルカニックスカイを捉えるが、そこからは外から追い込んで来たマノーボとの追い比べ。

残り100mの時点ではマノーボがやや前に出ていたが、ゴール前計ったようにそのマノーボを半馬身差交わしてゴール。

マノーボの斤量は4歳騸馬でも55キロなので、そういう意味ではステイフーリッシュは強い競馬をした印象。

だが、グレードがG2なだけに、この勝利がどれくらいのレベルなのかはちょっと計りかねる。

次走、宝塚記念(G1)に向けて

次走は6月26日(日)、阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

中東で2連勝しての凱旋で、調子の良さは窺える。

なにかと現役時代の父ステイゴールドとダブって見える同馬だが、父は7歳、中東帰りの「宝塚記念」では0.4差の4着。

勝ち切るまでには行かないまでも、2、3着の可能性なら無くはない。

 

⇒その他、宝塚記念(G1)の出走馬を分析