2019年7月4日【函館記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エアスピネルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

エアスピネルの距離適性

エアスピネルはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-3-2-3)
  • 芝2000m(0-0-1-3)
  • 芝2400m(0-0-0-2)
  • 芝3000m(0-0-1-0)

ベストはマイル。

エアスピネルの脚質

瞬発力、スピード持続力に長け、中団あたりにポジションを取って、終いを伸ばしてくる競馬。

5歳の秋「富士S」で4着に入るまでは、キャリア17戦で、すべての距離で掲示板を外さない堅実な走り。

位置取りがあまり後ろにならず、終いの脚も安定しているのが安定した走りの要因だろう。

その後芝を2戦走って大敗し、ダート路線に転向。

ダートでも重賞で(0-2-1-2)と適正は示した。

エアスピネルのコース適正

エアスピネルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-1-3)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(未)
  • 京都(2-2-2-1)
  • 阪神(1-1-0-1)
  • 小倉(未)

やはり関西圏でのレースが良い。

エアスピネルの持ち時計(ベストタイム)

エアスピネルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.6 3着(京都)
  • 芝2000m:1.58.4 5着(中山)
  • 芝2400m:2.24.4 4着(東京)
  • 芝3000m:3.03.7 3着(京都)

マイルならスピード決着にも対応できていた。

エアスピネルの重馬場適正

エアスピネルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(1-0-0-0)

ダート適正もある馬だけに、道悪は問題なさそう。


エアスピネルの鉄砲実績(休み明け)

エアスピネルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-2-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-2-3)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

エアスピネルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-2-2-4)
  • 中6~8週(2-0-0-0)

エアスピネルの枠順適正

エアスピネルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-2-0)
  • 5~9番(3-0-1-4)
  • 10~14番(1-2-1-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

エアスピネルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-1-0)
  • 3~5月(春):(0-1-2-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(3-1-1-3)

エアスピネルの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(0-1-2-1)
  • 56.5キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(1-1-2-5)
  • 58キロ(0-0-0-2)


エアスピネルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 476~484キロ(芝)
  • 488~494キロ(ダート)

エアスピネルの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母はエアメサイア(秋華賞、ヴィクトリアM2着)。

母の父はサンデーサイレンス

全弟にエアウィンザー(チャレンジカップ)。

近親にエアシャカール(皐月賞、菊花賞)、エアシェイディ(アメリカJCC、有馬記念3着)。

エアスピネル次走

次走は4月25日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイラーズC(G2)」。

芝からダートはうまく行ったが、8歳の今、ダートから再度芝ではどうか?

 

その他、読売マイラーズCの出走馬を分析