3歳以上500万下 阪神芝1800m(外)

1着(クビ差) 騎手:和田竜二 54キロ

レース内容

4枠6番から好位ダッシュでハナに立つかと思われたが控えて3番手から競馬を進める。

3角通過時は先頭との差は1馬身。

レースのペースは前半800mが49.4、これはこのコースのこのクラスのレベルではかなり遅いペースと言える。

この遅いペースのせいか、クリノヤマトノオーは序盤かなり引っかかっているような動きが見て取れる。

道中大きな動きはなく、クリノヤマトノオーは4角も3番手の内、先頭からは1馬身で直線を向く。

直線では残り200mで最内を突いて抜け出し、後続をクビ差しのいでゴール。

ペース

前後半800m 49.4–45.7(-3.7 スロー)

走破時計

1.47.3(遅い)

寸評

かなり遅いペース。

スローのヨーイドンで、4角前目にいたこの馬が最内をすくって辛勝。

評価できる点はあまり見当たらない。

次走期待。

清滝特別 3歳以上1000万下(ハンデ) 京都芝1800m

1着(クビ差) 騎手:和田竜二 54キロ

レース内容

8枠12番から、今回はフワッと出て後方11番手からの競馬。

3角通過時点では、先頭とはおよそ6馬身差。

レースのペースは前半800mが46.9秒、これはこのコースのこのクラスとしてはやや速いペース。

道中目立った動きはなく、クリノヤマトノオーは4角では順位を少し上げて9番手の内、先頭との差はおよそ6馬身で直線へ。

直線では一頭だけ違う脚色で飛んできたクリノヤマトノオー。

ゴール前鮮やかに先頭を差し切ってゴール。

終いの足は33.7秒で上がり最速。

ペース

前後半800m 46.9–46.5(-0.4 ミドル)

走破時計

1.45.6(速い)

寸評

前走は前から、今走は後ろから。陣営が適正を見極めたかったのか?

それにしても先頭と2番手で前が止まらない展開で後ろから差し切ったこの勝利は見事。

レース後の和田騎手のコメント;

うまく捌けてラストもいい脚でした。今日は物見もしませんでしたし、前に馬を置いた方がいいようです。いい内容でした。

前走で掛かったことを気にしていたのか?

サンタクロースS  3歳以上1600万下 中山芝2000m

2着(0.1秒差) 騎手:和田竜二 56キロ

レース内容

1枠1番から五分のスタートで序盤は4番手、先頭との差は4~5馬身。

レースのペースは前半1000mが63.2秒。これはかなり遅いペース。

レースは残り800mを切ったあたりでペースが上がる。

クリノヤマトノオーは、4角を5番手の内、先頭とはおよそ2馬身差で直線へ。

直線では先に抜け出していた6番ダンビュライトを懸命に追うも、その差はなかなか縮まらず。3/4馬身差の2着。

ペース

前後半1000m 63.2–58.5(-4.7 超スロー)

勝馬走破時計

2.01.7(遅い)

寸評

スローのよーいドン!

仕掛けがワンテンポ遅かったか?

皐月賞3着馬にここまで食い下がれたのは良かった。

寿S 4歳以上1600万下 京都芝2000m

8着(1.6秒差) 騎手:幸英明 56キロ

馬番:4番 通過順位(4-4-3-3)

ペース:前後半1000m 59.6–59.5(+0.1 ミドル)

寸評

ミドルペースだが、先頭が飛ばして逃げている分、この馬のペースはそう速くはなかったはず。

それが4角過ぎて全く伸びず。

原因不明の敗戦。

傾向として、寒い時期に良績はない。

敗因はそのあたりか?

但馬S 4歳以上1600万下(ハンデ)阪神芝2000m

8着(0.4秒差) 騎手:和田竜二 56キロ

馬番:6番 通過順位(6-6-6-5)

ペース:前後半1000m 60.2–60.0(-0.2 ミドル)

寸評

今回も、前走ほどではないが直線で伸びない。

今回は3~4角でペースを上げたときに、外々を回している。

4角も外々を回して直線に入ってきている。

このあたり、微妙に距離が関係しているか?

適正距離は1800mで、2000mはメイチの距離だけに、距離損が生まれると苦しくなる?

むらさき賞 4歳以上1600万下(ハンデ) 東京芝1800m

8着(0.6差) 騎手:藤岡康太 56キロ

馬番:1番 通過順位(4-3-4)

ペース:前後半800m 48.1–45.5(-2.6 スロー)

寸評

位置取りもペースもこの馬にはよかったと思うが・・・。

左回り?

北斗特別 3歳以上1000万下 (ハンデ)函館芝1800m

8着(0.9秒差) 騎手:藤岡康太 57.5キロ

寸評

降級でハンデ戦。

ハンデ頭の57.5を背負った。

スローペースで後ろから、57.5を背負って、届くはずがない。

野分特別 3歳以上1000万下 阪神芝1800m 重馬場

1着(0.2秒差) 騎手:和田竜二 57キロ

馬番:4番 通過順位(3-3)

ペース:前後半800m 49.4–46.1(-3.3 スロー)

寸評

スローの終い瞬発力比べ。

こういうレースには強い印象。

ただ、上に行けばもっと凄い脚を持つ馬がいるだけに、上へ行ってどうか?

サンタクロースS 3歳以上1600万下 阪神芝2000m 稍重

1着(0.6秒差) 騎手:和田竜二 57キロ

馬番:9番 通過順位(5-5-5-5)

ペース:前後半1000m 60.9–60.4(-0.5 ミドル)

寸評

阪神は良く走る。

この勝ちを含めて、現時点で(3-2-0-4)。

今回の勝ちは道悪も後押ししてくれたかも。

クリノヤマトノオーの好走パターン

先団~中団前につけて、スローの瞬発力勝負で強みを発揮。

ペースが速くなると苦戦を強いられることも。

ただ、道悪は巧いので、少々のペースアップなら道悪で相殺できる。

ただ、この末脚がOPで通用するかどうかは微妙。

前目のポジションが欲しいので、極端な外枠はNG。

阪神1800~2000mは大得意。