2020年5月9日【メトロポリタンS】終了時点までのデータをもとに、レッドローゼスの好走パターンを分析。

レッドローゼスの距離適性

レッドローゼスはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-1)
  • 芝1800m(3-3-1-1)
  • 芝2000m(3-3-3-7)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは2000m前後。2400mになると長い。

レッドローゼスの脚質

中団くらいにポジションを取って、残り600mから捲りぎみに上がっていって4角では先団。

そして直線一気に先頭を捉える、またはゴール前差される、という競馬で1600万条件を勝ち上がったが、後方からの「追い込み」、「マクリ」を決めるときもある。

上りが36秒を越してくるような消耗戦にも強い。

OP特別で1勝するまでは、21戦して4回しか馬券圏内を外さない非常に堅実な走りをしていたが、そこから少し頭打ちの状態が続いている。

レッドローゼスのコース適正

レッドローゼスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-0-0)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-2)
  • 新潟(0-0-1-0)
  • 東京(1-2-2-4)
  • 中山(3-3-2-2)
  • 阪神(0-0-0-1)

これだけのキャリアで関西遠征は1回だけ。

しかしその1回は0.3差の4着(2019年「大阪城S」)なので、長距離輸送がダメと言うことではなさそう。

全体的に見て、勝ち切るには直線の短い小回り、内回りのコースが良さそう。

レッドローゼスの持ち時計(ベストタイム)

レッドローゼスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.36.0 3着(新潟)
  • 芝1800m:1.46.4 4着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.2 3着(東京)
  • 芝2400m:2.26.5 9着(東京)

自己ベストを更新しているのはいずれも最後の直線が長いコースだが、着順が追い付いて来ない。

スピード勝負には不向き。

レッドローゼスの重馬場適正

レッドローゼスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

重馬場でも大きく負けているわけではない。

基本的に消耗戦は大歓迎なので、道悪でも展開次第では残ってくる。

レッドローゼスの鉄砲実績(休み明け)

レッドローゼスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-2-3)

レッドローゼスの血統背景

父はステイゴールド(サンデーサイレンス系)、母はリヴィアローズ、母の父はガリレオ(ND系サドラーズウェルズ)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンダンサー 5×4
  • ミスタープロスペクター 5+5(母方)

血統的には、小回り、内回りコースでのタフな展開に向きそう。

レッドローゼスの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

ここでも斤量はまだ減らないで56キロのまま。

距離、コースとしては良い条件だが、上位を狙うには展開の助けが要るだろう。

バテバテの消耗戦になると、ひょっこり顔を出している可能性はある。