ソールオリエンスのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

ソールオリエンスの前走

23/1/15 京成杯(G3)

中山 芝2000m(内)良

着順:1着(2.02.2・-0.4差)

騎手:横山武史(56キロ)

道中は中位の5番手の外目を追走。

4角も5番手で回ってはくるが、外に大きく膨れてしまう。

そのあと立て直して、直線は坂の上りで先頭に立つと、あとは突き抜けてゴール。

4角で膨れる場面はあったが、最後の伸び脚は力強かった。

まだ粗削りながら、素質を秘めた一頭。

ただ、道中のペースがペースだけに、この末脚も鵜呑みにはできない。

2023年 京成杯(G3)のラップ分析&回顧


ソールオリエンスの脚質

現状では先行策、中団からの差し。

「京成杯」では最後の直線で力強い伸び脚を見せたが、今後ペースが上がって、同じような脚が出せるかどうか?


ソールオリエンスの血統背景

父はキタサンブラック(サンデー系ブラックタイド/菊花賞、春天連覇、ジャパンカップ、大阪杯、秋天、有馬記念)。

スキアは、フランスの芝の重賞(2100m)を勝っている。

母の父はモティヴェーター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェーターは欧州で走り「英ダービー」など、芝のG1を2勝。主要距離はマイルから2000mあたりまで。

ソールオリエンスは半兄にヴァンドギャルド(富士S、ドバイターフ2着)。