2020年1月11日【淀短距離S】終了時点までのデータをもとに、スマートオーディンの好走パターンを分析。

スマートオーディンの距離適性

スマートオーディンはこれまでに芝1200m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(1-0-0-3)
  • 芝1600m(0-0-0-4)
  • 芝1800m(3-1-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

3歳時は中距離の重賞で2勝している実力馬だが、脚部不安で約2年の休養をはさんでからは、もっぱら1600m、1400mに使われている。

現状でのベストは芝1400m。

芝1200mの負けは、OP競争で使われて別定重量59キロを背負ってのもの。

なので芝1200mがダメかどうかはまだ分からない。

スマートオーディンの脚質

スマートオーディンはスタートが遅い馬なので、位置取りはほぼ毎回、最後方からの競馬になる。

それでも脚を溜めると終いは強烈。

嵌れば最後方から飛んで来る。

反面、テンがあまりにも速いと、いくら後方からでも脚が溜まらないような印象がある。

スマートオーディンのコース適正

スマートオーディンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-5)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-0-3)
  • 阪神(3-0-0-2)

コースによる得意不得意はないと思が、阪神芝1400mは特注。

スマートオーディンの持ち時計(ベストタイム)

スマートオーディンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.11.0 13着(京都)
  • 芝1400m:1.19.7 7着(東京)
  • 芝1600m:1.32.0 13着(東京)
  • 芝1800m:1.47.3 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.6 1着(京都)
  • 芝2400m:2.24.5 6着(東京)

スマートオーディンの場合、速い時計、速い馬場では苦戦。

スマートオーディンの重馬場適正

スマートオーディン稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(0-0-0-1)

終いの脚を削がれる道悪は、基本的にNGだろう。

スマートオーディンの鉄砲実績(休み明け)

スマートオーディンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-5)

スマートオーディンは500キロを超える大型馬なので、休み明けはどちらかと言えば割引。

スマートオーディンの評価

3歳時は「ダービー」で0.5差の6着に入った実力馬。

終いの脚は確実だが、使いどころが限定される。

現状でのベストは芝1400m。

スタートが遅いのでどうしても後ろからの競馬になるので、上りが速いと差し届かない。

スマートオーディンが差し届く目安はだいたい上り34秒中盤。

この条件に合致するのが阪神芝1400m(内回り)。

ここに出てきたら狙い目。

他の距離、条件でも、展開が嵌れば飛んでくるが、その展開を見極めるのは難しい。

スマートオーディンの近走診断

19/10/26 スワンS(G2)

京都 芝1400m 稍重

着順:9着(1.22.0 0.7差)

騎手:武豊(56キロ)

約4か月半の休み明けで馬体中が+12キロ。

この影響が大きいか。

19/12/21 阪神カップ(G2)

京都 芝1400m 稍重

着順:8着(1.20.8 1.4差)

騎手:武豊(57キロ)

いつものように最後方からだが、テンの入りが33.9秒と速かった。

終いも切れず、メンバー5位の34.2秒。

得意の阪神芝1400mだが凡走に終わる。

20/1/11 淀短距離S(L)

京都 芝1200m 良

着順:13着(1.10.0 1.4差)

騎手:藤岡祐介(59キロ)

初の芝1200mだが、別定重量が59キロは重い。

スタートも出遅れて2~3馬身の不利はあっただろう。

何もかもがかみ合わなかったが、1200mの距離の適正はまだこれでは分からない。

スマートオーディンの次走

次走は阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

近走絶不振だが、ここは唯一無二の好条件。

極端なペースにさえならなければ、飛んで来る。