2020年5月3日【天皇賞(春)】終了時点までのデータをもとに、シルヴァンシャーの好走パターンを分析。

シルヴァンシャーの距離適性

シルヴァンシャーはこれまでに、芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(2-0-1-0)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

芝2000mでの勝ち鞍は「新馬戦」でのもので時計は平凡。

その後3歳時は主に芝1800m~2000mに使われたが結果は出ず、距離を2400mに伸ばして結果を出した。

シルヴァンシャーの脚質

シルヴァンシャーの好走時の脚質は、後方~中団馬群に控えて、直線で抜け出す「差し」が決め手となっている。

ただ、直線だけで末脚を爆発されるレースもあれば、中盤からジワジワと差を詰めて、4角では先頭を2馬身ほどの射程圏内に収めて直線で抜き去るという、長く良い脚を使う競馬もできる。

SP持続型。

シルヴァンシャーのコース適正

シルヴァンシャーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-2-2)
  • 阪神(3-0-0-0)
  • 小倉(0-0-0-1)

レース数が少ないのでまだなんとも言えないが、関西圏以外で結果が出ていないのは少し気になる。

環境の変化に敏感なのか?

シルヴァンシャーの持ち時計(ベストタイム)

シルヴァンシャーの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.47.2 6着(0.4差・京都)
  • 芝2000m:1.59.8 5着(0.7差・小倉)
  • 芝2200m:2.11.9 1着(-0.3差・阪神)
  • 芝2400m:2.23.8 3着(0.3差・京都)
  • 芝3000m:3.24.9 14着(8.4差・京都)

この中では、1000万条件で出した芝2200mの2.11.9が、かなり速い時計で評価できる。

シルヴァンシャーの鉄砲実績(休み明け)

シルヴァンシャーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-2-3)

約半年ぶりの競馬でも3着に入るほど。

休み明けの不安は少ないが、この馬は体質からかほぼ毎レースが長欠明け。

シルヴァンシャーの重馬場適正

シルバンシャーはこれまでに、良馬場でのレースしか経験していないが、その中でも、1600万条件を勝った「御堂筋S」のときの馬場は、良馬場発表ながら、「稍重」明けで若干時計のかかる馬場になっていた。

これだけでシルヴァンシャーの道悪適正を計ることはできないが、少なくとも荒れた馬場はさほど苦にしないことは分かる。

シルバンシャーの枠順適正

シルバンシャーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-1)
  • 5~9番(2-0-1-2)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

シルバンシャーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-1)

シルバンシャーの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-1)
  • 56キロ(0-0-2-1)
  • 57キロ(未)
  • 58キロ(0-0-0-1)

現状では、55キロを超えると勝ち切れていない。

シルバンシャーの連対体重

  • 470~480キロ

シルバンシャーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はジェイドハンター(ミスプロ系)。

ジェイドハンターは米国で走り、ダートの中距離G1を2勝。

シルヴァンシャーの近走

18/11/11 500万条件 京都芝2400m

着順:1着(-0.2差)騎手:モレイラ(55キロ)

後方で脚を溜めて、直線半ばで一気に抜け出して快勝。

上りはメンバー最速の34.2秒。

レース中盤でペースが大幅に緩んで、直線の瞬発力勝負になったが、後方から見事な差し切り勝ち。

18/12/8 境港特別(1000万下)阪神芝2200m

着順:1着(-0.3差)騎手:モレイラ(53キロ)

最後方からの競馬になるが、残り800m付近からスパートを開始。

4角では大外を回って先頭に並びかけ、残り200mで抜け出し快勝。

瞬発力だけではなく、長く良い脚を使える持続力があることも証明した。

のちに重賞(G3)3連勝を成し遂げるメールドグラースの追撃を振り切っての勝利には価値がある。

19/3/31 御堂筋S(1600万下)阪神芝2400m

着順:1着(クビ差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

逃げ馬が大逃げを打つ展開。

序盤は中団で追走していたが、レース中盤(残り1200mあたり)からスパートを開始。

16馬身ほどあった先頭との差を、4角までにおおそ3馬身まで詰めて、直線では各場バテバテの状態を、ゴール前ギリギリ交わし切った。

レースの上りは36.4秒。

瞬発力と持続力、それに加えて底力があることも証明したシルヴァンシャー。

OP昇格後の活躍に期待が持てる。

19/10/06 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 良 17頭

着順:3着(2.23.8・0.3差)

騎手:浜中俊(56キロ)

約半年ぶりの競馬。

道中は中団の後ろあたりを追走。

4角は大外7番手で直線。

直線は馬場の外目から懸命に追い込んでくるが3着まで。

半年ぶりの競馬、ペースもそこそこ流れる展開で、おまけに昇級初戦の重賞挑戦でこの結果。

今後に期待が膨らむ。

20/5/3 天皇賞(春)(G1)

京都 芝3200m 良

着順:14着(3.24.9・8.4差)

騎手:M・デムーロ(58キロ)

向正面までは中団で頑張るが、3角過ぎてズルズルと後退。

半年以上の休み明けで3200mのG1。

ちょっと無理があったか。

シルバンシャーの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

昨年3着のレース。

間隔もほぼ同じ。

体調万全ならそこそこやれるはず。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析