2020年5月10日【NHKマイルカップ】終了時点までのデータをもとに、シャインガーネットの好走パターンを分析。

シャインガーネットの距離適性

シャインガーネットはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(2-0-0-2)

マイルまでか? 2000mくらいまでは伸びるのか?

オルフェーブル × ゴーンウエストの血統データ的には前者。

シャインガーネットの脚質

中団あたりからの終いを生かす競馬だが、キレッキレの末脚と言うわけではなさそう。

上りがかかって良いタイプか。

シャインガーネットのコース適正

シャインガーネットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)

シャインガーネットの持ち時計(ベストタイム)

シャインガーネットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.3 1着(-0.2差・中京)
  • 芝1600m:1.33.1 6着(0.6差・東京)

時計がかかって良いタイプ?

シャインガーネットの重馬場適正

シャインガーネットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(1-0-0-0)

道悪は大丈夫だろう。

シャインガーネットの鉄砲実績(休み明け)

シャインガーネットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-0)

シャインガーネットの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)、母は中央でダートで3勝のベルベットローブ、その父はゴーンウエスト(ミスプロ系)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンテースト  9.38% 4+5 (父方)

軽い、重いで言えば、やや重めの血統背景。

シャインガーネットの近走

19/9/8 2歳新馬 14頭立て

中山 芝1600m 良

着順:1着(アタマ差)騎手:田辺裕信(54キロ)

そこそこ流れるペースを離れた5番手で追走。

先頭集団がダレてきたところをこちらはスピードを落とさずに順位を上げて、4角では2番手。

残り200m過ぎで先頭に立つと、追い込んで来たシングンバズーカの猛追を振り切ってゴール。

タイムも優秀。スピードの持続力を示したレース。

19/11/17 赤松賞(2歳1勝クラス)12頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(-0.1)騎手:田辺裕信(54キロ)

少し緩めのペースを中団から押し上げて、終いは33.6秒の脚で先団を差し切った。

前走のSP持続力に加えて、終いの確かさも示したレース。

オールマイティに戦えるのが強みになりそう。

20/1/13 フェアリーS(G3)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:4着(1.34.6・0.6差)

騎手:マーフィー(54キロ)

5枠10番から出して行って2~3番手で追走。

4角も2~3番手で直線へ入り、そこそこ追い上げては来るが、逃げて前を行くスマイルカナとの距離は詰まらない。

ゴール前で甘くなって後続2頭に交わされて4着。

位置取りが前走よりも前目。

道中終始外々を回った距離ロス、スタミナロスも効いてそうな感じ。

20/3/14 ファルコンS(G3)

中京 芝1400m 重 18頭

着順:1着(1.21.3・-0.2差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

道中は1番人気のラウダシオンをぴったりとマークするかたちで中団の前あたり。

4角は5番手で直線に入ると、追い出したラウダシオンに馬体を併せて追い比べ。

残り200mで抜け出すと、追いすがるラウダシオンを1.5馬身離してゴール。

タフな馬場状態で、斤量がラウダシオンと3キロ差と言うのも良かったかもしれない。

20/5/10 NHKマイルカップ(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:6着(1.33.1・0.6差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

道中は中団の内。

直線に向いてもスムーズに加速して行って、先頭は射程圏内のように見えたが、残り200mで脚色が鈍った感じ。

0.6差の6着なので、悪い競馬ではないが、頂上決戦になるとこの距離は長いのか?

シャインガーネットの次走

次走は札幌競馬場 芝1800mで行われる「クイーンS(G3)」の予定。

洋芝は合ってそうだが、距離がどうか?