2020年6月28日【城崎特別】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、セウラサーリの好走パターンを分析。

セウラサーリの距離適性

セウラサーリはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-1-3)
  • 芝1800m(1-1-0-0)

現状ではこのあたり。

セウラサーリの脚質

先行力はあるが、前に壁を置かないと容易にひっかかる。

前に壁を置きつつ、前目のポジションで押し切る競馬。

気性的にもまだまだこれからと言った感じ。

セウラサーリのコース適正

セウラサーリの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(1-1-1-1)

セウラサーリの持ち時計(ベストタイム)

セウラサーリの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.6 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.47.1 1着(阪神)

セウラサーリの重馬場適正

セウラサーリの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(1-0-0-0)

重馬場の勝利は「未勝利戦」だが、タフな展開を一頭だけ前々で粘り切った。

1勝クラスを勝ち上がった「城崎特別」も、良馬場ながらかなりタフな馬場状態。

道悪適正はありそう。

セウラサーリの鉄砲実績(休み明け)

セウラサーリの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

セウラサーリの枠順適正

セウラサーリの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-1)
  • 15~18番(未)

前に壁を置き辛い外枠は厳しい。

セウラサーリの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-1-0)

セウラサーリの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-2)
  • 54キロ(1-1-1-1)

セウラサーリの連対体重

  • 450~452キロ

セウラサーリの血統背景

父は3冠馬のオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はエリシオ(ND系フェアリーキング)。

半兄に2012年の「マイルCS」を勝ったサダムパッテック(父はフジキセキ)。

半姉に2018年の「ヴィクトリアマイル」を勝ったジュールポレール(父はディープインパクト)。

セウラサーリのの次走

次走は9月20日、中京競馬場 芝2000mで行われる、秋華賞トライアルの「ローズS(G2)」。

力量としてはまだまだだと思うが、道悪になれば一考の余地あり。

 

その他、ローズステークスの出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)