シュネルマイスターのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

シュネルマイスターのここまでの走り

20/9/5 2歳新馬

札幌 芝1500m 良

着順:1着(1.30.5・-0.1差)

騎手:横山武史(54キロ)

少し出遅れた格好で道中は中団。

3~4角で外々を回って順位をつめて、4角は2番手の外で直線。

直線は3頭の併せ馬状態から、残り100mでしっかりと抜け出してゴール。

終始外目、4角も外々を回ったが前を行く2頭をきっちりと差し切った。

強い競馬。

20/12/19 ひいらぎ賞(2歳1勝C)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.35.8・-0.5差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団馬群の中。

4角は4番手で直線に向くと、坂の上りで一気に抜け出して、後続に3馬身つける余裕のゴール。

時計的には平凡だが、ここでは力が違いすぎた感じ。


シュネルマイスターの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを伸ばしてくる競馬。

ここまでの走りでは派手なパフォーマンスはないものの、まだまだ力を出し切っていない印象。

雰囲気はある。



シュネルマイスターの血統背景

シュネルマイスターは外国産馬。

父はキングマン(ND系ダンチヒ)。

キングマンは欧州で走り、マイルG1を4勝。

母の父はソルジャーホロウ(ND系サドラーズウェルズ)。

ソルジャーホロウは欧州で走り、芝のG1を4勝。主戦場は芝の中距離。

近親にはサリオス(「朝日杯FS」「毎日王冠」)、サラキア(「府中牝馬S」)がいる。

シュネルマイスターの次走

次走は3月7日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「弥生賞(G2)」。

前走の走りを見れば、距離は問題ないだろう。

このレース、前走1勝クラスからは(2-2-0-31)。

一方、前走重賞では(6-6-10-30)。

この圧倒的な差を埋める力はありそう。

 

その他、弥生賞(G2)の有力馬を分析