2021年10月10日【毎日王冠】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シュネルマイスターの好走パターンを分析。

シュネルマイスターの距離適性

シュネルマイスターはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-1-0)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-1-0-0)

二千はかなり緩い流れの2番手で、勝ったタイトルホルダーを交わせなかった(弥生賞)。二千はちょっと長いのだと思う。

シュネルマイスターの脚質

中団、先団あたりから、終いを伸ばしてくる競馬。

トップスピードを長く持続させるSP持続型。

瞬発力もキレはあるが、頂上決戦になった場合には、切れ味勝負に持ち込まれるとやや苦戦。

シュネルマイスターのコース適正

シュネルマイスターの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-1-0)
  • 中山(1-1-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

シュネルマイスターの持ち時計(ベストタイム)

シュネルマイスターの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.6 1着(東京)
  • 芝1800m:1.44.8 1着(東京)
  • 芝2000m:2.02.2 2着(中山)

千八までならスピード勝負にも対応できる。

シュネルマイスターの重馬場適正

シュネルマイスターの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

ダンチヒとサドラーズウェルズなので、道悪が苦手なはずはないとは思うが、走ってみないと分からない。


シュネルマイスターの鉄砲実績(休み明け)

シュネルマイスターの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-1-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シュネルマイスターのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-0-1-0)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

シュネルマイスターの枠順適正

シュネルマイスターの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(2-0-0-0)
  • 10~14番(0-1-1-0)
  • 15~18番(1-0-0-0)

シュネルマイスターの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-0)
  • 57キロ(1-0-0-0)

シュネルマイスターの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-0)

シュネルマイスターの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~482キロ

シュネルマイスターの血統背景

シュネルマイスターは外国産馬。

父はキングマン(ND系ダンチヒ)。

キングマンは欧州で走り、芝のマイルG1を4勝。主戦場はマイル。

母の父はソルジャーホロウ(ND系サドラーズウェルズ)。

ソルジャーホロウは欧州で走り、芝のG1を4勝。主戦場は芝の中距離。

近親にはサリオス(「朝日杯FS」「毎日王冠」)、サラキア(「府中牝馬S」)がいる。

シュネルマイスターのここまでの走り

20/9/5 2歳新馬

札幌 芝1500m 良

着順:1着(1.30.5・-0.1差)

騎手:横山武史(54キロ)

少し出遅れた格好で道中は中団。

3~4角で外々を回って順位をつめて、4角は2番手の外で直線。

直線は3頭の併せ馬状態から、残り100mでしっかりと抜け出してゴール。

終始外目、4角も外々を回ったが前を行く2頭をきっちりと差し切った。

強い競馬。

20/12/19 ひいらぎ賞(2歳1勝C)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.35.8・-0.5差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団馬群の中。

4角は4番手で直線に向くと、坂の上りで一気に抜け出して、後続に3馬身つける余裕のゴール。

時計的には平凡だが、ここでは力が違いすぎた感じ。

21/3/7 弥生賞(G2)

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.02.2・0.2差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、前を行くタイトルホルダーを追うがその差は詰まらず。

スローの流れからの「行った行った」。

この流れでは距離への適正も計れなかった。

2021年 弥生賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.31.6・ハナ差)

騎手:ルメール(57キロ)

道中は中団9番手から。

4角も中団9番手、すぐ前にはソングラインで、その前にグレナディアガーズという配列。

直線は馬群の外目を、グレナディアガーズ、ソングラインと一緒に伸びてきて、坂を上りきったあたりではまだ前との差は2馬身。

そこからまたグイグイと伸びて、まずは一杯気味のグレナディアガーズを交わすと、ゴール前、前で粘るソングラインをハナ差捉えてゴール。

この馬、適正は間違いなくマイルにあった。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/6/6 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.31.8・0.1差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は中団の前、5番手の追走。

4角も中団の前5番手で直線に向くと、直線は馬群の外目を勝ったダノンキングリーと一緒に伸びて来る。

残り100mでは4頭ハナ面を並べてはいたが、そこからはやはり「キレ負け」と言う言葉が一番相応しいような気がする。

道中のペースがもう少し流れていたら、結果もまた違っただろう。

2021年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

21/10/10 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.44.8・頭差)

騎手:ルメール(56キロ)

道中は後方12番手あたり。

4角も後方10番手で直線に向くと、直線は坂下から進路を馬群の外目に取って追い上げを開始。

坂を上って残り200mでもまだ先頭とはかなりの差があったが、ゴール前一気の加速でダノンキングリーを頭差捉えての勝利。

これまでは前目のポジションから持続力を生かす競馬だったが、今回は後ろから。

それでも上り最速33.0秒の脚で差し切るあたり、瞬発力もハンパなさそう。

2021年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

次走、マイルCS(G1)に向けて

次走は10月21日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

グランアレグリアとのガチンコ対決の様相。

キレ味だけの勝負にはさせたくないところだろう。

 

⇒その他、2021・マイルCS(G1)の出走馬を分析