2021年1月9日【ニューイヤーS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノウィザードの好走パターンを分析。

サトノウィザードの距離適性

サトノウィザードはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-1-2)
  • 芝1800m(1-2-0-3)
  • 芝2000m(1-1-0-0)

ベストは1600mで良いだろう。

緩いペースなら1800mも守備範囲か。

サトノウィザードの脚質

後方あたりにポジションを取って、終い3Fの末脚勝負。

終いの脚は相当確実で、しかも強烈。

ただ、出遅れが多く、ポジション取りが後方になることが多いので、届かずの2着も多い。

広いコース、長い直線を一杯に使って加速するタイプ。

小回りは向かないだろう。

サトノウィザードのコース適正

サトノウィザードの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(1-3-0-1)
  • 阪神(2-0-1-1)
  • 小倉(未)

勝ち鞍はあるものの、左回りは良くない。内にもたれるので、左回りなら内枠が欲しい。

阪神の4鞍はオール外回り。

京都も、デビューから2戦目までは内回りコースを使ったが、それからはずっと外回り。

直線は長いに越したことはない。

サトノウィザードの持ち時計(ベストタイム)

サトノウィザードの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.7 1着(新潟)
  • 芝1800m:1.46.6 2着(京都)
  • 芝2000m:2.01.0 2着(京都)

脚質的には、あまり馬場が速すぎると届かない可能性が大きくなる。

サトノウィザードの重馬場適正

サトノウィザードの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

脚質的にも、走れて稍重までだろう。

サトノウィザードの鉄砲実績(休み明け)

サトノウィザードの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-2)

サトノウィザードの枠順適正

サトノウィザードの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-1-0-1)
  • 5~9番(0-2-0-2)
  • 10~14番(0-1-1-0)
  • 15~18番(0-0-0-2)

意外にも内枠が良い。

サトノウィザードの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-2-0-1)

サトノウィザードの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(1-3-0-4)
  • 57キロ(2-1-0-1)

サトノウィザードの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~492キロ

サトノウィザードの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母は2009年の「ロースS(G2)」でレコード勝ち、続く「秋華賞(G1)」で2着に入ったブロードストリート

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

サトノウィザードの次走

次走は2月7日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「東京新聞杯(G3)」。

末脚が生きる東京コースの長い直線だが、左回りには不安がある。

せめて内枠は欲しいところか。

 

その他、東京新聞杯(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】