2021年4月18日【皐月賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ラーゴムの好走パターンを分析。

ラーゴムの距離適性

ラーゴムはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-0)
  • 芝2000m(2-1-0-1)

中距離。

ラーゴムの脚質

終いのキレはなさそうなので、前目の位置取りから押し切って行く競馬が理想だろう。

ただ、ペースが上がって脆い面がありそう。

速い上りも未経験。

ラーゴムのコース適正

ラーゴムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

ラーゴムの持ち時計(ベストタイム)

ラーゴムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.1 2着(東京)
  • 芝2000m:2.01.0 1着(中京)

速い時計はない。

ラーゴムの重馬場適正

ラーゴムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重の13着は、馬場と言うより力負け。


ラーゴムの鉄砲実績(休み明け)

ラーゴムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ラーゴムのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(未)

ラーゴムの枠順適正

ラーゴムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(0-2-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ラーゴムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-0)

ラーゴムの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(1-0-0-0)
  • 57キロ(0-0-0-1)

ラーゴムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 506~512キロ

ラーゴムの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着、ジャパンカップ2着)。

母の父は キャンディライド(ミスプロ系ファピアノ)。

キャンディライドは南米、米国で走り、キャリア6戦6勝、G1は

3勝。主要距離は芝1600~1800m、ダート1200~2000m。

ラーゴムのここまでの走り

20/7/19 2歳新馬

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.04.1・-0.1差)

騎手:北村友一(54キロ)

大外12番から、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、直線ではジワジワと先頭のビップランバンを追い詰めて、ゴール前きっちり差し切ってゴール。

新馬戦にしては序盤が速く、その分中盤は緩く、しかし上りがかかったという展開。

まあ、平均的な勝ち上がり。

20/10/24 アイビーS(L)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.48.1・クビ差)

騎手:北村友一(55キロ)

大外8番から道中は中団あたり。

4角も中団あたり5番手で直線。

直線では馬群の外目をジワジワと加速。

一旦はオーソクレースに交わされるが、そのあと食らいついて、再度クビ差迫ったところがゴール。

500キロを超える馬体だけに、トップスピードまで加速するには直線もある程度の距離が要るのかも。

位置取りがもう少し前なら、という競馬。

20/11/28 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(2.01.7・0.1差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中団。

3~4角で外目から進出開始。

4角を4番手で直線に向くと、坂の上りで一旦は抜け出すが、外から来たワンダフルタウンの強襲に屈して2着。

道中のペースが比較的落ち着いているだけに、最後は勝ち馬のキレに屈したかたちだろう。

21/2/7 きさらぎS(G3)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.01.0・クビ差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中は3番手。

4角は2番手で直線に向くと、直線では坂の上りで先頭を捉えると、ゴール前外から追い上げてきたヨーホーレイクの強襲を振り切ってゴール。

馬場も展開もこの馬には合っていた感じだが、それでも抜群の安定感。

持久系能力の高さを示した。

2021年 きさらぎ賞(G3)のラップ分析&回顧

21/4/18 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重

着順:13着(2.02.6・2.0差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は中団の前あたり。

3~4角の勝負どころで少し反応が悪かったのか、ジョッキーの早めのムチが飛んでいた。

4角は順位を下げて8番手で直線に向くが、直線では良いところなくズルズルと後退。

前走はパワーの要る馬場でしっかりと走ったが、クラスが上がって、ペースも速くなるとこんなものか?

このクラスではまだ荷が重そうな走り。

2021年 皐月賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

距離が延びて良くなるとは思えない。

ここは厳しいだろう。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)