ラーゴムのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

ラーゴムのここまでの走り

20/7/19 2歳新馬

阪神 芝2000m(内)良

着順:1着(2.04.1・-0.1差)

騎手:北村友一(54キロ)

大外12番から、道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向き、直線ではジワジワと先頭のビップランバンを追い詰めて、ゴール前きっちり差し切ってゴール。

新馬戦にしては序盤が速く、その分中盤は緩く、しかし上りがかかったという展開。

まあ、平均的な勝ち上がり。

20/10/24 アイビーS(L)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.48.1・クビ差)

騎手:北村友一(55キロ)

大外8番から道中は中団あたり。

4角も中団あたり5番手で直線。

直線では馬群の外目をジワジワと加速。

一旦はオーソクレースに交わされるが、そのあと食らいついて、再度クビ差迫ったところがゴール。

500キロを超える馬体だけに、トップスピードまで加速するには直線もある程度の距離が要るのかも。

位置取りがもう少し前なら、という競馬。

20/11/28 京都2歳S(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(2.01.7・0.1差)

騎手:武豊(55キロ)

道中は中団。

3~4角で外目から進出開始。

4角を4番手で直線に向くと、坂の上りで一旦は抜け出すが、外から来たワンダフルタウンの強襲に屈して2着。

道中のペースが比較的落ち着いているだけに、最後は勝ち馬のキレに屈したかたちだろう。

21/2/7 きさらぎS(G3)

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.01.0・クビ差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中は3番手。

4角は2番手で直線に向くと、直線では坂の上りで先頭を捉えると、ゴール前外から追い上げてきたヨーホーレイクの強襲を振り切ってゴール。

馬場も展開もこの馬には合っていた感じだが、それでも抜群の安定感。

持久系能力の高さを示した。

2021年 きさらぎ賞(G3)のラップ分析&回顧

ラーゴムの脚質

終いのキレはなさそうなので、前目の位置取りから押し切って行く競馬が理想だろう。

そこそこ締まったペースで、最後の直線は、長い直線を一杯に使って加速したい。


ラーゴムの重馬場

ラーゴムはこれまでにまだ、道悪競馬の経験はない。

血統的には、オルフェーブル産駒の道悪適正はまずまず。母方もミスプロ系で固められているので、血統的には道悪は問題。


ラーゴムの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父は キャンディライド(ミスプロ系ファピアノ)。

キャンディライドは南米、米国で走り、キャリア6戦6勝、G1は

3勝。主要距離は芝1600~1800m、ダート1200~2000m。

ラーゴムの次走

次走は4月18日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「皐月賞(G1)」。

中山の2000mは展開的には合いそうだが、ポジションを下げるとしんどそう。

なので、枠順は内寄りが良いだろう。

 

その他、皐月賞(G1)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)