ダノンジェネラルのキャリアはまだ1戦だけなので、近走のみを振り返る。

ダノンジェネラルのここまでの走り

20/11/15 2歳新馬

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.50.4・-0.1差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団のやや後ろ。

4角手前で進出を開始し、4角は4番手で直線。

直線は馬群の外目から一気の差し。

レースの上りは33.7秒、自身の上りは33.4秒。

新馬戦らしいドスローの瞬発力勝負だが、末脚はかなり弾けそう。

【期待される能力】

  • 瞬発力

ダノンジェネラルの脚質

末脚を生かした競馬になるのだろうが、なんせ1戦1勝馬、これから。

ダノンジェネラルの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

フレンチデピュティは米国で走り、ダートの6~8F(約1200~1600m)で活躍。引退後は日本で多くのG1馬を輩出した。

近親にクロノジェネシスノームコアなど。

血統的には良血で、市場取引価格は1億6200万円(2019年セレクトセール)。

ダノンジェネラルの次走

次走は2月7日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「きさらぎ賞(G3)」。

このレース自体、前走「新馬戦」からは過去10年で(1-1-0-13)と不振。

今年のコースは中京に変わるが、果たしてどうか?

 

その他、きさらぎ賞(G3)の有力馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】