※掲載データは2015年8月1日~2019年9月1日

札幌芝1800mのコース概要

  • 最初のコーナー(第1コーナー)までの距離:185m(短い)
  • 道中の上り、下り:ほぼ平坦
  • コーナーのカーブ:緩い(ローカル競馬場の中では一番緩い)
  • 最後の直線距離:266m(函館の次に短い)
  • 芝は洋芝

芝が洋芝で力が必要な上に、コースは終始平坦で、下り坂などで勢いをつけるところが皆無のため、勝負どころでは馬自身が己のパワーで加速していかなければならないだけに、終始平坦といえどもパワーを要求されるのが札幌芝コース。

札幌芝1800mの脚質別の勝率など

良馬場

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ  11- 10- 13- 41/ 75 14.70% 28.00% 45.30%
先行  37- 35- 31-145/248 14.90% 29.00% 41.50%
中団  12- 21- 19-208/260 4.60% 12.70% 20.00%
後方   5-  4-  7-199/215 2.30% 4.20% 7.40%
マクリ   7-  2-  2-  8/ 19 36.80% 47.40% 57.90%

圧倒的に先行馬が有利。

マクリはデータが少ないので参考程度。

稍重

札幌競馬場はその水はけの良さから、道悪競馬になることがほとんどない。

よってここでは18鞍あった「稍重」でのデータのみを抽出。

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ   0-  3-  2- 14/ 19 0.00% 15.80% 26.30%
先行  10- 10-  7- 36/ 63 15.90% 31.70% 42.90%
中団   6-  3-  8- 51/ 68 8.80% 13.20% 25.00%
後方   1-  1-  1- 43/ 46 2.20% 4.30% 6.50%
マクリ   1-  1-  0-  1/  3 33.30% 66.70% 66.70%

データは少なくなるが、逃げ馬の勝率、連対率、複勝率がガタッと落ちる。

その分中団からの追い上げが効くようになる。

洋芝、終始平坦、稍重の3重苦で、前に行った馬にはキツい展開になるのかも。

 札幌芝1800mの枠番別脚質データ(複勝率)

良馬場

1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
逃げ 75% 57.10% 33.30% 55.60% 42.90% 57.10% 25% 16.70%
先行 56.30% 62.50% 43.80% 59.40% 34.30% 33.30% 34.40% 32.60%
中団 27.30% 23.10% 19.20% 18.90% 25.70% 12.10% 15.90% 19.20%
後方 7.70% 19% 4.50% 4.80% 0% 7.40% 11.80% 6.10%
マクリ 100% 50% 100% 100% 60% 0% 50% 50%

 【顕著な傾向】

逃げ馬は内枠が欲しいところだが、データ的には7枠、8枠以外なら、そこそこ戦えそう。

先行馬は明らかに4枠まで、それより外になると苦戦傾向。

中団、後方の馬は、どの枠に入っても、顕著な傾向は見られない。

騎手別 勝率10傑

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
モレイラ  8- 7- 1- 9/25 32.00% 60.00% 64.00%
ルメール 18-13-11-27/69 26.10% 44.90% 60.90%
四位洋文  5- 7- 1-19/32 15.60% 37.50% 40.60%
池添謙一  7- 0- 5-37/49 14.30% 14.30% 24.50%
三浦皇成  3- 1- 3-15/22 13.60% 18.20% 31.80%
吉田隼人  2- 1- 4-14/21 9.50% 14.30% 33.30%
岩田康誠  2- 4- 3-15/24 8.30% 25.00% 37.50%
横山典弘  2- 4- 2-18/26 7.70% 23.10% 30.80%
菱田裕二  2- 0- 3-21/26 7.70% 7.70% 19.20%
藤岡康太  3- 3- 6-32/44 6.80% 13.60% 27.30%

(※ 最小レース機会数=20、馬場状態の区分はなし)

モレイラ騎手の戦績が断トツに優れている。

ジョアン・モレイラ騎手は香港ジョッキークラブ所属のブラジル人騎手。

来日したときには要注意。

種牡馬別  勝率5傑

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
シンボリクリスエス  4- 0- 0-16/20 20.00% 20.00% 20.00%
ディープインパクト 12- 7- 7-35/61 19.70% 31.10% 42.60%
キングカメハメハ 10- 4- 4-37/55 18.20% 25.50% 32.70%
ハービンジャー 11- 6- 8-48/73 15.10% 23.30% 34.20%
ヴィクトワールピサ  3- 1- 3-19/26 11.50% 15.40% 26.90%

(※ 最小レース機会数=20、馬場状態の区分はなし)

ロベルト系、サンデー系、ミスプロ系、ノーザンダンサー系、とバラバラ。

あまり参考にはならない。