中山芝2200m(外)のコース概要

最初のコーナーまでの距離

スタート地点は、スタンド前直線の入り口付近で(芝2000mのスタート地点から少し右に移動したところ)、そこから直線の急坂を上って、最初の第1コーナーまでは432m。

この距離は比較的長いので、ハナ争い、先行争いと言う点では、枠の内外によって大きな有利不利はない。

(※もちろん、外枠からハナを狙いに行く馬は、内枠のそれよりは若干の距離ロスやスタミナのロスは当然生じる)

道中のカーブ

中山芝2200mは、中山競馬場の外回りコースを使用している。

中山競馬場の外回りコースは、おむすび型をしたトリッキーなコース。

なので第1~第3コーナーのカーブは緩く、道中は息が入り辛い。

道中のアップダウン

まず直線の急坂を上ったあと、2コーナーを頂点に上りが続く。

その後向正面からは下り。

平坦な3~4コーナーを経て直線。

直線の急坂はJRA全10場の中で最大の急坂。直線残り200mから110m駆け上る(高低差2.2m)。

直線距離

ゴール前直線は310mと短い。

 


中山芝2200mのコース傾向

おむすび型の外回りコースなので、コーナーのカーブが緩く、息が入りにくい。

併せて、向正面から下りに入るので、まさにペースが緩むいとまがない。

総じて中山2200mはタフなペースになりやすく、スピード持続力、スタミナを持った馬が有利。

 


中山芝2200m、種牡馬別 着度数10傑

  • データは集計期間:2016/1/9~2020/12/26(5年間)
  • 馬場は良馬場限定
種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド  12-  5- 12- 74/103 12% 17% 28%
ディープインパクト   8- 16-  4- 49/ 77 10% 31% 36%
ルーラーシップ   6-  5-  2- 17/ 30 20% 37% 43%
ドリームジャーニー   5-  3-  1- 12/ 21 24% 38% 43%
ハービンジャー   4-  5-  6- 40/ 55 7% 16% 27%
ハーツクライ   3-  6- 10- 47/ 66 5% 14% 29%
キングカメハメハ   3-  3-  0- 33/ 39 8% 15% 15%
オルフェーヴル   3-  2-  2- 14/ 21 14% 24% 33%
マンハッタンカフェ   3-  2-  1- 12/ 18 17% 28% 33%
トーセンホマレボシ   2-  3-  1- 12/ 18 11% 28% 33%

 

ステイゴールドを筆頭に、ステイゴールド産駒の種牡馬ドリームジャーニー、オルフェーブルと、10傑の中にステイゴールド系が3頭。

ステイゴールド産駒と言えば、SP持続力、スタミナに富んだ馬が多い。

この種牡馬成績だけを見ても、中山芝2200mがSP持続力、スタミナに特化したコースであることが分かる。



関連記事(一部広告を含む)