中京芝1200mのコース概要

最初のコーナーまでの距離

スタート地点は向正面の直線に真ん中あたり。

3コーナーまでの直線距離は315m。この3コーナーまでの距離はやや短めといったところ。

なので、外枠の馬にとっては不利なデータが実際には出ている(後述)。

道中のカーブ

道中のカーブは3コーナーと4コーナーの2箇所。

そしてこの4コーナーのカーブは少しきつい。

道中のアップダウン

スタートから120mほどは緩やかに上るが、そこから3コーナー、4コーナー、そして直線急坂の坂下まで下り勾配が続く。

このおよそ700mの下り坂でペースは速くなりやすいのだが、先ほど触れた4コーナーのカーブ。これが少々きつ目のカーブになっているので、4コーナーでは一旦減速を強いられる。

そして直線の急坂は、中山競馬場に次いでキツい勾配が設けられている。

各馬4コーナーで一旦息をいれているので、この急坂は一気に駆け上がることができるが、中京コースは中山コースとは違って、急坂を上り切ってもまだゴールまでは240mの距離を残す。

前半下り基調でペースが上がった上、急坂を一気に上りきった馬たちにとって、この240mはキツい。

直線距離

ゴール前の直線距離は急坂も含めて413m。

これは、京都競馬場の外回りコースの399mとほぼ同じ距離となる。

中京芝1200mのコースの傾向

やはり最後はスタミナ勝負。

前に行った馬たちにとっては、急坂を一気に上るパワーと、上がり切ってからの直線最後の240m、これを走り切るスタミナが要求される。

内目の芝がまだ傷んでいない状態、速い状態では、先行馬が俄然有利な展開となる。

しかし一方で、先行勢が力不足、または荒れ馬場、道悪などで内目の芝が傷んでいるケースでは、差し馬有利となる。

また、序盤から中盤にかけてが極端に速い前傾ラップの場合でも、先行勢は最後の240mを走り切ることが困難になる。

ただし差し馬にとっても、そこそこのペースで追走し、急坂を駆け上り、そのあとの240mでもスピードを緩めるわけには行かないので、ただ単に軽いだけの差し馬では最後まで走り切ることは難しい。それりのスタミナとパワーは必要になってくるだろう。

それを裏付けるデータとして、前走の距離。

前走が同じ1200mの馬は(3-3-5-62)、勝率4.1%なのに対して、

前走からの距離短縮組は(4-4-1-34)、勝率9.3%となっている。

(※ データは2016年~2020年 重賞クラス・良馬場)

中京芝1200mの枠順の有利不利

総合的な傾向としては、下記のデータに現れている通り、外枠がかなり不利。

内枠に力のある先行馬がいるケースでは、かなり信頼度が増すことになる。

馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番  0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
2番  0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
3番  1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6%
4番  1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9%
5番  0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
6番  0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
7番  1- 1- 3- 2/ 7 14.3% 28.6% 71.4%
8番  1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9%
9番  1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
10番  0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
11番  1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
12番  0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
13番  0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番  0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
15番  0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番  1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
17番  0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
18番  0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
  •  1~11番(6-6-7-58)
  • 12~18番(1-1-0-41)

(※ データは2016年~2020年 重賞クラス・良馬場)

 

 

【スポンサーリンク】