2020年2月22日【ダイヤモンドS】終了時点までのデータをもとに、レノヴァールの好走パターンを分析。

レノヴァールの距離適性

レノヴァールはこれまでに、芝1800m~2600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-2-3)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2600m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-1-0)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

芝2600mはOP昇格後最初のレース「札幌日経OP(L)」。

敗れはしたものの、0.2差の5着に入っており、OPクラスの緒戦としては大健闘。

その後3000m級の長距離重賞でまずまずの走りを見せており、適性はかなり長めの距離にありそう。

レノヴァールの脚質

前々で押し切る「先行策」と、中団で脚を溜めて直線で追い込む「差し」。

長距離戦ではペースの速い遅いに関わらず、脚を溜めると直線でそこそこの脚を繰り出してくる。

下級条件ではスローの先行押し切りで勝ち上がってきたが、OPでは長距離でスタミナを生かした競馬ならそこそこ走りそう。

レノヴァールのコース適正

レノヴァールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(1-0-0-2)
  • 京都(2-0-1-2)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

データ的には「直線急坂」に不安がありそうに見えるが、中山でも500万条件で1勝、1600万条件で0.3差の4着があり、それは当たらないと見られる。

レノヴァールの持ち時計(ベストタイム)

レノヴァールの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.46.8 3着(東京)
  • 芝2000m:2.01.5 1着(京都)
  • 芝2200m:2.12.4 14着(京都)
  • 芝2400m:2.25.3 1着(京都)
  • 芝2600m:2.40.9 5着(札幌)
  • 芝3000m:3.09.4 3着(京都)
  • 芝3400m:3.32.0 4着(東京)

基本的に速い馬場、時計勝負には向かない。

上りのかかる消耗戦で浮上。

レノヴァールの休み明け(鉄砲実績)

レノヴァールの10週(中9週)以上の休み明けでの実績は;

  • 10週以上(0-0-2-2)

基本的に叩き良化タイプか。

レノヴァールの近走診断

19/4/6 湾岸S(1600万下)中山芝2200m

着順:4着(0.3差)騎手:四位洋文(57キロ)

8頭立ての小頭数の中、後方7番手を追走。

4角は大外を回して追い込んでくるが差し届かずの4着。

やはりこういう競馬だと、もう少し流れないと前は簡単には止まらない。

19/4/29 烏丸S(1600万下)京都芝2400m

着順:1着(-0.1差)騎手:シュタルケ(55キロ)

大外12番からのスタートだったが、しっかりとポジションを取りに行って3番手をキープ。

道中さほど速くはないペース、直線早めに抜け出して先頭に立ち突き抜ける。

序盤、しっかりと先団をキープできたのが良かった。

19/8/3 札幌日経OP(L)札幌芝2600m

着順:5着(0.2差)騎手:岩田康誠(56キロ)

位置取りは4番手でまあまあのポジション。

しかし残り800m付近でのペースアップでは、内に閉じ込められた感じで置かれてしまった。

それでも直線では内をついて伸びてきており、OP初戦としては上々の出来。

19/10/6 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m 良 17頭

着順:14着(2.25.4・14着)

騎手:藤岡康太(56キロ)

道中は2番手追走も、直線では失速。

いきなりのG2挑戦ではペースも合わないし仕方ない。

20/1/6 万葉S(OP・ハンデ)

京都 芝3000m 良 15頭

着順:3着(3.09.4・0.7差)

騎手:四位洋文(54キロ)

道中は中団で脚を溜めて、直線は馬場の外目を上り3位の36.0秒の脚で3着に入った。

上位5頭ではこの馬の斤量が一番重い。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3)

東京 芝3400m 良 16頭

着順:4着(3.32.0・0.8差)

騎手:横山典弘(54キロ)

そこそこ締まった流れの中で、道中は中団で脚を溜め、3~4角で加速して、4角は3番手。

直線もバテずに、上りはメンバー3位の38.5秒で4着。

3着にはハナ差の大健闘。

長い距離ならいくら走っても上りは出せる。

このスタミナはどこかで穴を開けそう。

レノヴァールの次走

次走は阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「阪神大賞典(G2)」。

相手関係が強くなり、斤量も2キロ増える。

大きな期待は出来ないが、締まった流れのスタミナ勝負になれば、そこそこ走ってはくるかも。