2020年1月6日【カーバンクルS】終了時点までのデータをもとに、レジーナフォルテの好走パターンを分析。

レジーナフォルテの距離適性

レジーナフォルテはこれまでに芝1000m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(2-1-1-4)
  • 芝1200m(4-1-3-13)
  • 芝1400m(0-0-0-3)

千直も走るがベストは芝1200m。

レジーナフォルテの脚質

卓越した先行力とスピードを有し、先行押し切りで持ち味を発揮するスピード持続型。

ペースは速くても遅くても対応可能だが、スローの切れ味勝負になると最後が少し甘くなる。

行く馬がいなければハナを切って粘り込む競馬も出来る。

レジーナフォルテのコース適正

レジーナフォルテの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(3-0-0-3)
  • 新潟(2-1-1-5)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-1-3-5)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-4)
  • 阪神(0-0-0-1)

新潟は全て千直。

福島、中山のような直線が短いコースの方が合ってそう。

レジーナフォルテの持ち時計(ベストタイム)

レジーナフォルテの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.54.3 4着(新潟)
  • 芝1200m:1.07.1 1着(福島)
  • 芝1400m:1.22.4 7着(東京)

芝1200mは速い時計にも対応できる。

レジーナフォルテの重馬場適正

レジーナフォルテの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-1-0-2)
  • 不良(0-0-0-1)

好走があるのは全て千直。

1000mなら道悪も走るが、1200mになると道悪は走らない、と言うデータ。

ジョッキーからも「道悪は合わない」というコメントは出ている。

レジーナフォルテの枠順適正

先行して持ち味を発揮する馬なので、枠順も当然内の方が良い。

レジーナフォルテの鉄砲実績(休み明け)

レジーナフォルテの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

10週以上(1-1-1-1)

そこそこ走る。

レジーナフォルテの評価

レジーナフォルテは過去の下積み時代、現在重賞戦線でも活躍している「スプリンターズS(G1)」2着馬のモズスーパーフレアと差のない競馬を繰り広げている。

  • 2018年「ラピスラズリS」

モズスーパーフレア(53キロ)2着に対して、レジーナフォルテ(54キロ)0.2差の5着。

  • 2019年「カーバンクルS」

モズスーパーフレア(53キロ)1着に対して、レジーナフォルテ(54キロ)0.2差の3着。

 

確かな先行力で先手を取ると、ペースが速かろうが遅かろうが前目でしぶとく粘り込む競馬は凡走も少ない。

ハンデ重賞や、またその上のクラスでも、まだまだ可能性を秘めた一頭だと思う。

レジーナフォルテの近走診断

19/7/28 アイビスSD(G3)

新潟 芝1000m(直)良

着順:5着(0.54.4・0.3差)

騎手:内田博幸(54キロ)

東京 芝1600m 良

果敢にハナに立ってレースを進めるが、どうやら落鉄があったようだ。

この馬は爪が脆くて落鉄が多いようだが、それでも千直の最高峰で0.3差の5着に粘った。地力はある。

19/10/27 ルミエールOD(L)

新潟 芝1000m(直)稍重

着順:1着(0.56.4・クビ差)

騎手:杉原誠人(54キロ)

先団を見るかたちで6番手追走。

ゴール前、大外のスペースが開くと、すかさず一瞬の脚で突き抜けた。

千直も走る。

19/10/27 カーバンクルS

中山 芝1200m 良

着順:3着(1.08.5・0.1差)

騎手:杉原誠人(55キロ)

3枠3番からハナに立つが、直線の坂を上り切ったあたりで甘くなる。

休み明けの10キロ増がこたえたかも。

レジーナフォルテの次走

次走は中山競馬場 芝1200mで行われる「オーシャンS(G3)」。

得意の中山、明らかにメンバーの顔ぶれは強化されるが、無様な競馬はしないだろう。

この馬の今の力を推し測るには良い機会。

できれば良馬場で。