2020年1月19日【日経新春杯】終了時点までのデータをもとに、レッドレオンの好走パターンを分析。

レッドレオンの距離適性

レッドレオンはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2200m(2-0-0-0)
  • 芝2400m(0-1-0-1)

2000m以上で安定感あり。

2400mでの敗戦は距離が敗因ではない様子。

1800mもハイレベルなレースをしており、決して走れない距離ではないが、スローの上り勝負になると分が悪い。

どれくらいの距離が適距離かは、まだ計りかねる。

レッドレオンの脚質

前目の3~4番手につけて押し切る競馬。スピード持続型の馬。

切れる脚はなく、スローの切れ味勝負、上りの速い時計になると分が悪い。

レッドレオンのコース適正

レッドレオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(2-0-0-0)
  • 京都(2-1-1-2)

450~460キロ台の馬。キャリアを見る限り、長距離輸送に弱いのかもしれない。

レッドレオンの持ち時計(ベストタイム)

レッドレオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.7 1着(クビ差・京都)
  • 芝1800m:1.46.6 3着(0.4差・京都)
  • 芝2000m:1.02.1 1着(ハナ差・中京)
  • 芝2200m:2.12.7 1着(クビ差・中京)
  • 芝2400m:2.25.9 7着(0.6差・京都)

突出した時計はないが、まだ戦績が少ないので、これからまだまだ伸びしろはあると思う。

レッドレオンの重馬場適正

レッドレオンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)

稍重は新馬戦での戦績なので、道悪競馬についてはまだなんとも言えない。

レッドレオンの枠順適正

先行するとかなりの高い確率で好走しているので、枠順はやはり外より内目の方が絶対に良い。

レッドレオンの鉄砲実績(休み明け)

レッドレオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-0)

休み明けは逆に狙い目になる馬。

レッドレオンの近走診断

19/3/23 熊野特別(1000万下)12頭立て

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.12.7 クビ差)

騎手:中谷雄太(56キロ)

スタート良く4番手からの競馬。

コース替わりで前残りの馬場の中、逃げる2着馬をゴール前捉えた。

19/4/29 烏丸S(1600万下・H)12頭立て

京都 芝2400m 良

着順:7着(2.25.9 0.6差)

騎手:M・デムーロ(55キロ)

いつになく前に行けずに6番手からの競馬。

道中は緩いペースで上りは34.4。

前に行けず、上りも速くなっては打つ手なし。

19/11/16 比叡S(3勝クラス・H)13頭立て

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.13.4 -0.1差)

騎手:北村友一(55キロ)

スタート良く3番手から、道中は内目の経済コース。

直線も内に進路を取り、残り200mで抜け出して快勝。

流れるペースで前目にいれば、高い確率でしぶとい競馬をする。

20/1/19 日経新春杯(G2)

京都 芝2400m 良 14頭

着順:2着(2.27.3・0.4差)

騎手:北村友一(54キロ)

4枠6番から先手を取って3番手から。

4角は内を回って直線に入るが、直後の前が壁になり進路が塞がれる。

一旦追い出しを待って、外に出して追い出すが、先に抜け出していたモズベッロには追い付かない。

不利がなければ際どかったか?

レッドレオンの次走

次走は中山競馬場 芝2500mで行われる「日経賞(G2)」。

斤量が2キロ増える。

そして初めての関東遠征で初めての中山コース。

不安材料は多いが、内枠に入ってすんなり先手が取れるようだと面白い。