2020年9月6日【丹頂S】終了時点までのデータをもとに、プリンスオブペスカの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

プリンスオブペスカの距離適性

プリンスオブペスカはこれまでに芝1600m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-2)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(4-1-2-2)
  • 芝2600m(1-0-1-5)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

2500m前後が守備範囲と見て間違いないがベストは2400m。

3000mは一度だけだが、鞍上は敗因について「距離ではない」とのコメントを残している。

プリンスオブペスカの脚質

もともとダートを走っていたこともあり、走りにはズブさが目立つ。

なので道中は比較的速い段階でスパートをかけ、長く良い脚を使いたいタイプ。

スタミナはある方なので、上りがかかる展開になると上位に顔を出してくる。

プリンスオブペスカのコース適正

プリンスオブペスカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-2)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-0-4)
  • 阪神(1-1-2-2)
  • 小倉(1-0-2-2)

上り時計が速くなりやすいコースは不向き。

プリンスオブペスカの持ち時計(ベストタイム)

プリンスオブペスカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.4 8着(2.1差・京都)
  • 芝2000m:2.01.4 3着(アタマ差・小倉)
  • 芝2400m:2.24.2 1着(-0.4差・京都)
  • 芝2600m:2.39.1 3着(0.3差・小倉)
  • 芝3000m:3.10.1 11着(1.4差・京都)

芝2400mの時計は500万条件で出した時計だが、これはそこそこ速い。


プリンスオブペスカの重馬場適正

プリンスオブペスカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(0-0-0-2)

道悪はそこそここなすと見ていいだろう。

プリンスオブペスカの鉄砲実績(休み明け)

プリンスオブペスカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-3)
  • 3戦目(1-1-1-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-1-3)

休み明けでも、叩いてからでも、さほど変わりはない。

プリンスオブペスカの枠順適正

プリンスオブペスカの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-4)
  • 5~9番(1-1-4-4)
  • 10~14番(1-0-0-4)
  • 15~18番(未)

プリンスオブペスカの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(1-0-0-5)
  • 3~5月(春):(2-2-2-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-3-4)
  • 9~11月(秋):(2-1-1-7)

プリンスオブペスカの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(0-0-0-3)
  • 55キロ(1-0-1-3)
  • 56キロ(1-1-2-3)
  • 57キロ(3-0-1-2)


プリンスオブペスカの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~488キロ

プリンスオブペスカの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母は中央競馬でダート5勝、OPクラスまで勝ち上がったプリンセスペスカ。

母の父はチーフベアハート(ND系ダンチヒ)。

プリンスオブペスカの次走

次走は11月8日、東京競馬場 芝2500mで行われる「アルゼンチン共和国杯(G2・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

これだけのキャリアで東京コースは初めて。

距離は合うが、コースが合わないと思う。

 

その他、アルゼンチン共和国杯の出走馬を分析